トヨタのAI子会社がEV用バッテリーの「高精度寿命予測」を実現

トヨタ自動車のAI開発子会社、TRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)が、MIT(米マサチューセッツ工科大学)と米スタンフォード大学との共同研究により、リチウムイオンバッテリーの寿命を誤差9%以内の精度で予測する方法を開発したそうです。

これまで新たに開発したバッテリーの寿命を確認するには、バッテリーが使用できなくなるまで充放電を繰り返す必要があり、多大な時間を要することから、バッテリー開発のボトルネックになっていました。

そこでTRIでは初期の充放電サイクル時の電圧低下等を元に、機械学習により長期的な寿命を予測するアルゴリズムを開発。これにより、バッテリーの開発時間を大幅に短縮、開発コスト低減が可能になるとしています。

EV用バッテリーのリサイクルに際しても2次使用が可能な個体を短時間で選別可能になるため、今後の電動化に向け、同技術への期待が大いに高まりそうです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

フォルクスワーゲンがEV用バッテリー量産に向けて企業連合「EBU」を設立
https://clicccar.com/2019/03/23/725034/

日本電産がEVの駆動輪内に搭載する「インホイールタイプ」モーターを開発
https://clicccar.com/2019/03/11/717144/

米テスラがEVの充電時間「半減」に成功! その秘策は充電開始前にあった?
https://clicccar.com/2019/03/10/716671/

ホンダがジュネーブショー2019で公開予定の新型EVのインパネを先行公開
https://clicccar.com/2019/02/18/703417/

トヨタとパナソニックがEV用バッテリー開発で2020年に新会社設立へ
https://clicccar.com/2019/01/22/688762/

【関連リンク】
トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)
http://www.tri.global/

『トヨタ自動車』の最新記事
AOSHIMA JPN TAXI
2019年のXmasプレゼントはコレ!  東京のタクシーを忠実に再現したアオシマの凄いプラモデル
トヨタの「24時間 2,200円」格安レンタカーサービスが人気! 全国展開へ
トヨタ ライズ
「小さくても広く使える」コンパクトSUVのトヨタ・ライズが大人気の理由とは?【新車】
改正道路交通法対策! スマホ保持してくれる「マルチディスプレイホルダー」があの「TRD」から発売されるわけは?
トヨタ コペンGRスポーツ
ボディー補強に空力改善。ボディー下部には秘密がいっぱい!【コペン GR スポーツ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事