ジュネーブの日本車は熱いか? 近未来クロスオーバーの可能性を示した日産と、市販車で直球勝負を挑んだトヨタ

【日産「IMQ」とトヨタ「Corolla TREK」のデザインをチェック】

ジュネーブモーターショー2019が絶賛開催中です。いろいろと話題の多い今年のショーですが、今回は国産メーカー注目車のデザインを一気にチェックしたいと思います。3回目は日産とトヨタの2台をチェック!

1台目は日産「IMQ」。ノートやセレナで好調のe-Powerの搭載を前提にした、新世代クロスオーバーコンセプトです。同時に、日産が提唱するインテリジェント・モビリティを表現する、一連のコンセプトカーという位置付け。

巨大なホイールを四隅に置いた分厚いボディ。クーペのように後ろ下がりの薄く小さなキャビン。開口の大きなバンパーサイド、張り出したリアフェンダーにボディ下部の大胆な切り欠き。

日産が推し進めるVモーショングリルやフロートルーフ、キックアップリアフェンダーといった要素を織り込んでいるとはいえ、その佇まいは現代のコンセプトカーのイイとこ取り。イマ風でスタイリッシュだしどこにも破綻はありませんが、特段日産車としての個性も感じません。

これが今後の日産SUVの方向性を示唆すると言われていますが、最近は大きなモーターショーのたびに「これからのデザインを示唆」を謳っていて、そんなに提示ばかりってどうなんだろう? とは思います。何台ものIMシリーズを出すより、魅力的な市販車を並べてはどうなのでしょう。

2台目はトヨタ「corolla TREK(カローラ・トレック)」。日産とは逆で、今回トヨタはゴリゴリのコンセプトカーではなく、スープラやカローラの展開で構成しています。これは自転車メーカーとのコラボレーション。

カローラ・スポーツが「キーンルック」全開のシャープ路線ですから、ワゴンボディも基本その延長上に。ストレートなキャラクターラインと若干カーブしたウインドウ下端との関係は微妙ですが、それでも伸びやかではあります。ルーフからリアピラーを下るラインもまた、シャープさを強調。

鎌形のリアランプは少し複雑ですが、キャラクターラインに沿わせることでうまく納めています。ただ、最近のトヨタ車に多いリアパネル両端の「ハの字」ラインはやっぱり過剰表現。大地に踏ん張るイメージだと思いますが、あまりに直接的です。

エモーショナル路線自体はいいとして、しかしそこに豊かな個性が生まれなければ恋には落ちません。「低くて広くてシュッと尖っている」のがスタイリッシュへの最短距離なのか、年内投入予定の日本市場でどんな評価になるのがか楽しみです。

(すぎもと たかよし)

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

日米デザイナーの熱意がマツダを変えた! レジェンドが語る初代ロードスターのデザイン開発秘話【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】
スバル新世代デザインはレガシィから始まった。80年代は技術とデザインの幸福な融合!【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】
トールボーイが話題となりワンダーシビックに繋がった、ホンダの新世代デザインは「初代シティ」から始まった!【AUTOMOBILE COUNCIL 2019】
ソアラ、スープラ、マークII、MR2、セルシオ、カリーナED…80年代トヨタ車のチャレンジデザイン!【AUTOMOBILE COUNCIL 2019】
感性豊かな中高生の才能を引き出せ! カーデザインコンテストが世界をリードする一流デザイナーを育てる

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事