【ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ・スパイダー試乗】スーパーカーとしてはかなり乗りやすいタイプ!?

●刺激的なエキゾーストノート、生物的な加速がスーパーカーであることを主張

現在、ランボルギーニのラインアップのなかでトップに君臨するのはV12エンジンを搭載するアヴェンタドールです。ランボルギーニはトップにV12エンジンを用意、セカンドグレードにV8もしくはV10を据えるというラインアップを構成(一時代はそうでなかったときもあります)しています。

ウラカンは5.2リットルのV10エンジンを搭載します。最高出力は640馬力、最大トルクは600Nmとなります。フルバケットシートに潜り込み、エンジンを始動するとオートで大きくブリッピングされます。このときのエキゾーストノートはかなり刺激的。ものすごくエキサイティングな演出ですが、日本の住宅街でこれはNG、住宅街はハイブリッドでさえEVモードで走りたいという時代ですから、この部分は改良したほうがいいでしょう。

停止状態、アイドリングからアクセルを踏み込めば、怒濤の加速を開始します。0→100km/hは3.1秒と発表されています。加速の味付けはエンジン車らしいものです。スーパーEVは異次元の感覚を覚えますが、エンジン車はエンジン車らしい生物的な感覚なのです。

ハンドリングは正確で、4WDであることを感じさせません。低い車高、そしてハイパフォーマンスなエンジンを積むわりには、乗り心地がいいのもビックリしました。もっとも惜しむべきはエンジンフードを開けてもエンジン本体が見えないこと。この手のクルマはエンジンを見たいし、見せびらかしたいもの。それを奪ってはいけないと思うのです。

(文・写真/諸星陽一)

『ランボルギーニ』の最新記事
ランボルギーニ アヴェンタドール_005
ランボルギーニ史上最強のNA・V12を搭載。新型レーサー「SCV12」初公開
ランボルギーニのレゴ
「ランボルギーニのオーナー」感さえ味わえそうな大人のレゴ『レゴ テクニック』シリーズ
ランボルギーニ ウラカン・エボ・RWD スパイダー
ランボルギーニ「ウラカン・エボ・RWD スパイダー」がARを使って世界デビュー【新車】
ウラカン正面
640馬力のハイパワー4WDは意外なほど乗りやすい 【ランボルギーニ・ウラカンEVO試乗】
ランボルギーニ マスク_003
コロナウィルスからイタリアを守れ! ランボルギーニがマスクとガラスシールドを製造開始
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事