なんと「CX-3」と併売? マツダの次世代SUV「CX-30」【ジュネーブモーターショー2019】

【噂の新型SUV・CX-30は「CX-3以上CX-5未満」のボディサイズ】

スイスのジュネーブにて公開され、情報が明らかになってきたマツダの新型SUV「CX-30」。

コンパクトクロスオーバーSUVだし、背も高くないプロポーションだし、「新型CX-3じゃないの?」と思うのはボクだけじゃないと思いますが、マツダは「CX-3の次期型ではありません」と頑なに否定します。

何よりの証拠⁉といるのが、販売計画。なんと、CX-3と併売するのだそうで。車名が違ううえに併売するのなら別の車種ですよね……たしかに。

ちなみにCX-30のボディサイズは、全長4395mm×全幅1795mm×全高(ルーフパネル)1540mm。これは4275mm×1765mm×1540mmのCX-3よりもひとまわり大きいもの。後席や荷室の狭さがCX-3のウィークポイントとされていますから、その解消を狙ってきたのは間違いないでしょう。

参考までにCX-5のボディサイズは、4545mm×1840mm×1690mm。CX-30はしっかり「CX-3以上、CX-5未満」に作られているのがわかります。

いっぽうで、しっかり守ったと思えるのが天井の高さ。公表されている数値は「ルーフパネルの高さ」とのことですが、CX-3と同じ1540mmで機械式立体駐車場への入庫を考慮しているわけですね。

逆に、最低地上高がCX-3より15mm増した175mmになっているのは興味深いところです。悪路対策……ではないと思いますが。ちなみにメカニズムは、年内には日本でも発売が始まる「マツダ3」をベースにしています。

(工藤貴宏)

『マツダ』の最新記事
変わったのは名前だけじゃない。乗るとデミオとの違いが沁みてくる【新型マツダ2試乗】
ヨコハマタイヤの「BluEarth-GT AE51」が「MAZDA CX-30」の新車装着タイヤとして選定
デミオ改め「MAZDA2」の新車装着タイヤに横浜ゴムの「BluEarth-GT AE51」が選定
新型SUVで販売攻勢をかける? マツダが米国に工場建設
マツダ3
前方視界の良さでドライバーをサポート。MAZDA3が「子どもを死角から守る前方視認性」でキッズデザイン賞を受賞
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事