【ジュネーブモーターショー2019】三菱自動車が新しいクロスオーバーSUV「ミツビシ・エンゲルベルク・ツアラー」を出展

●得意の電動化技術を搭載。「エンゲルベルク」の名に委ねたコンセプトとは?

三菱自動車のSUVは、アウトランダーPHEV/アウトランダー、エクリプス クロス、RVR、そしてパジェロがラインナップされており、同社の登録車の主力となっています。

三菱自動車は、3月5日(火)から3月17日(日)まで開催される「第89回ジュネーブ国際モーターショー」においてコンセプトカーの「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシ・エンゲルベルク・ツアラー)」をワールドプレミアすると発表しました。

同社のブランドメッセージである「Drive your Ambition」を具現化するデザインフィロソフィー「Robust & Ingenious」に基づくデザインを採用した「エンゲルベルク・ツアラー」。独自かつ先進の電動化技術によってSUVとしての魅力をいっそう高めた、新世代のクロスオーバーSUVという位置づけになっています。

車名に冠された「エンゲルベルク」はスイス中央部にある山間部の村で、壮大なパノラマの景色を楽しむことができる有数のスキーリゾート。整備されたゲレンデだけでなく、「フリーライディング」と呼ばれる自然で人の手が入っていない地形で滑走するスキーのスタイルを楽しむことができる場所のひとつとして知られているとのこと。

「ミツビシ・エンゲルベルク・ツアラー」は、電動化技術に加えて「行動範囲を広げたい、様々なことに挑戦したい」というドライバーの気持ちに応えるクロスオーバーSUVという思いも込められています。

同社では、仲間とともにエンゲルベルクでウインタースポーツを心ゆくまで楽しむための頼もしい相棒としてジュネーブモーターショーで披露、提案するとしています。

(塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事

世界に誇れる高い完成度を誇る三菱アウトランダーPHEVが累計販売台数20万台を達成
アジア初公開となる「MITSUBISHI e-Yi CONCEPT」は次期アウトランダーPHEV!?
令和元年の「初日の出」を見よう。三菱自動車「週末探検家」の新コンテンツ
三菱自動車が郵便車として「ミニキャブ・ミーブ バン」を計1,200台納入
三菱自動車のロゴ入りガルーダ・インドネシア航空の特別塗装機が運用開始

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事