【東京オートサロン2019】日本初公開の「Mazda3」は2019年内発売!! 注目は北米仕様車の「Mazda3 CUSTOM STYLE」

マツダ・ブースの最大の注目は、日本初公開となるMazda3のハッチバック、セダンでステージ上に展示されています。気になる発売は2019年中とされていますが、一部では今年春にもという報道もあります。

オートサロンらしいのがステージの横に配置されている「Mazda3 CUSTOM STYLE」で、ボディサイズは全長4459×全幅1797×全高1440mm。ステージ上には、一般の来場者の方は上がれないので、このカスタムスタイルに多くの方が集っています。なお、シートにも座ることもでき、順番待ちができていました。

エクステリアは、ブラックでペイントされたエアロパッケージを装着。エクステリアはエアロパッケージとマフラー、足元は18インチアルミホイール(BBS鍛造/18×7.0J)、ホイールナットセットにより、基準車よりも引き締まった雰囲気を醸し出しています。さらに、車高調整式サスペンション(前後ともに約30mmダウン)により基準車よりも低く構えていてスポーティなたたずまい。

インテリアには、スポーツペダルセット、スカッフプレート、フロアマット(ハイプラス)が用意されています。基準車同様の質感の高さに加えて、よりスポーティムードが引き上げられています。

(塚田勝弘)

『東京オートサロン2019』の最新記事

【日本グッドイヤー キーパーソンインタビュー】未来に向けて積極的な開発を続けるグッドイヤー(PR)
綺麗なお姉さんは好きですか? オートサロンで見かけたお姉様厳選5選【東京オートサロン2019】
【東京オートサロン2019】会場唯一?ジムニー・シエラの排気系チューン車輌を発見
ジムニーシエラ ピックアップ スタイル、市販の可能性を開発者にインタビュー【東京オートサロン2019】
「はがせるペイント」でクルマのボディにアートペイント。隠されたメッセージに心安らぐ【東京オートサロン2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事