【新型VWパサート・オールトラック試乗】パサートでベストチョイスといえるトータル性能

●最新ディーゼルを搭載したワゴンとSUVのいいとこ取りモデル

パサート・ヴァリアントをクロスオーバー4WDに仕立てた新型パサート・オールトラックに試乗する機会がありました。現在のフォルクスワーゲンは、ゴルフ・ヴァリアントをベースとしたゴルフ・オールトラックがあり、ワゴンとSUVのいいとこ取りをしたオールトラックで、多少ニッチではあってもしっかりニーズを取りに行こうという意図が感じられます。

カタログ上は「DFC」型と表記されている2.0L直列4気筒DOHCディーゼルターボは、「EA288」型とも呼ばれる最新ディーゼルで、低圧、高圧のEGR(排気再循環)、排気上流側に酸化触媒、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)、SCR(尿素還元触媒)、下流側にも酸化コーティングされた触媒が追加されるなど、排ガス浄化に念を押したエンジン。

『フォルクスワーゲン』の最新記事

ビギナーからベテランまで安全運転とサーキット走行が体験できる「GTI Driving Experience」
【新車】VWゴルフ・ヴァリアント、ゴルフ・オールトラックに安全装備が充実した特別仕様車「マイスター」を設定
【新車】現行VWゴルフの集大成となる特別仕様車「マイスター」は、充実の安全装備が魅力
【新車】次期VW・ゴルフはマイルドハイブリッド化。そのディテールが見えた!
いよいよ8代目へ。新型・VWゴルフ、最終デザインを公開。9月デビューが濃厚

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事