【新車】日産・ノートにクロスオーバーモデルの特別仕様車「C-Gear Limited」を設定

シリーズハイブリッドにも分類できる電動駆動仕様の「e-Power」人気によりセレナとともに日産の登録車で存在感を放っているノートに、特別仕様車の「ノート C-Gear Limited」が設定されました。

昨年10月に初めて発売された「ノート C-Gear(ノート シーギア)」はクロスオーバー風のデザインをまとい、アウトドアシーンだけでなく普段着としてアウトドアウエアを着こなす感覚で乗れるような遊び心が追求された仕様。なお、持込み登録になりオーテックジャパンでの扱いになります。

今回、発売される特別仕様車「ノート C-Gear Limited」は、「ノート C-Gear(ノート シーギア)」にステアリングでの操作が可能なステアリングスイッチやGPSアンテナなどをセットにした「日産オリジナルナビ取付パッケージ」、スポーティなデザインの「ルーフスポイラー(ボディカラー同色)」といった人気のアイテムを標準。

ベース車は数多くのグレードに設定されていて、X、X FOUR、e-Power X、e-Power X FOUR。価格帯は179万3880円〜248万6160円です。

(塚田勝弘)

『日産・ノート』の最新記事

ノート e-POWER 『NISMO』と『NISMO S』を乗り比べ。車体剛性感は同じでも、走りの違いは大きい?【日産ノート e-POWER NISMO S試乗】
ノートに「AUTECH」と「NISMO S」登場! 2台が目指したデザインの違いはどこにある?
【ノートe-POWERが売れた理由を考えてみた・後編】ノートにはネガティブ要素を打ち消す「何か」がある!
【ノートe-POWERが売れた理由を考えてみた・前編】長所はe-POWER Driveだけではない!
日産と産総研の共同研究でわかった「ワンペダルは楽しい」
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事