デビュー間近のBMW X1改良型をキャッチ。初設定されるPHEVモデルのEV航続距離は42km以上

BMWのコンパクト・クロスオーバーSUV、「X1」の改良型プロトタイプを目撃しました。カメラが捉えた開発車両は、これまでで最もカモフラージュが軽く、ディテールも見えてきました。

フロントエンドには、「X2」と酷似している角ばったC型LEDデイタイムランニングライトを装着するヘッドライトのほか、新たにコーナーエアインテークが露出。サイドへつり上がるアグレッシブなデザインが見てとれるだけでなく、キドニーグリルにも変化が見られます。バンパーにあった丸いフォグランプはバー状のものに取り替えられる可能性が高いです。

リアビューではテールライトに注目。下部にターンシグナル用の白いバーが付く新グラフィックに変更されています。また最新プロトタイプでは、エキゾーストパイプが1本出しに変わっているのも気になります。

パワートレインは、エントリーモデルに最高出力116psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンターボ、最高出力190psを発揮する2リットル直列4気筒ガソリンターボ、最高出力233psを発揮する2リットル直列4気筒ガソリンターボをラインアップします。

新たに設定される1.5リットル直列3気筒ガソリンターボ+電気モーターのPHEV「X1 xDrive 25e」は最高出力224psを発揮し、EV航続距離は42km以上となります。トランスミッションは、エンジンに応じて6速AT、8速AT、7速DCTが搭載されます。

キャビン内では、次世代デジタルディスプレイ「オペレーティングシステム7.0」を搭載し、8.8インチのインフォテインメント・ディスプレイをセンター上部に配置。「2シリーズ アクティブツアラー」と同じタイプのシフターやステアリングホイールが装備されると思われます。

ワールドプレミアは、2019年3月のジュネーブモーターショーが有力ですが、その前にオンラインで発表される可能性もあります。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

BMW「M」の新型モデル発表か? 謎のティザーイメージに隠されたヒントとは
ブガッティ・シロンの後継モデル、「Type 103」予想CG公開!
アメ車も本格的なハイブリッド時代へ。人気SUVのシボレー・トレイルブレイザーの次世代型が電動化!
SLや8シリーズがライバル。レクサス・LCコンバーチブル市販型、7月にも公開?
アウディ初の市販EV「e-tron」、最大503馬力の「S」設定へ!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事