日産ノート・シリーズが一部改良。新色の設定でボディカラーを選ぶ楽しみが倍増

■ノート、オーラ、AUTECHなどが一部改良で、新ボディカラーを数多く設定

日産ノートが好調なセールスを維持しています。

自販連によると、2022年上半期(1月〜6月)は、前年同期比121.5%の5万6948台(登録車4位)となっています。なお、ハイブリッド車も含めた電動車では、2022年上半期の登録車販売で1位となっています。

また、同年7月も前年同月比125.7%増の8,371台で登録車3位につけています。

日産ノート
ノートの新色「サーフグリーン/ダークメタルグレー 2トーン」

日産は、2022年8月22日(月)、ノートとノート オーラ、 ノート オーラNISMOの一部改良を行い、今秋から発売すると発表しました。

今回、ノートには4種類のボディカラーが新設定され、ノート オーラには3種類のボディカラーが新たに設定されています。

日産ノート
ノートの新色「サンライズカッパー」

ノートの新規追加色は、「サーフグリーン」「ステルスグレー」「サンライズカッパー」「サーフグリーン/ダークメタルグレー」の2トーン。なお、「プレミアムホライズンオレンジ」「オリーブグリーン」は廃止されています。

日産ノート
ノート オーラのインテリア

また、ノート オーラの新規追加色として、「サンライズカッパー」「ミッドナイトパープル」「ピュアホワイトパール/サンライズカッパー」の2トーンが加わりました。

代わりに「プレミアムホライズンオレンジ」「オリーブグリーン」「オペラモーブ/スーパーブラック」2トーンは廃止されています。

一方のインテリアカラーは、ノート、ノート オーラともに、新たに「エアリーグレー」が選べるようになっています。

そのほか、ノート、ノート オーラ、ノート オーラNISMOのシートが抗菌仕様になり、より安心して乗れるようになってます。なお、ノート オーラNISMOの場合、オプションのRECARO製スポーツシート装着車の前席は対象外になります。また、RECARO製スポーツシート装着車は、持ち込み登録車でNMCオーテック扱いになります。

さらに、ノート オーラにはリヤセンターアームレストが標準装備され、快適性を向上。なお、今回の一部改良に伴い、ノートの「F」グレードが廃止されています。

日産ノート
ノート AUTECH CROSSOVERのエクステリア

また、日産モータースポーツ&カスタマイズが手がけるノートAUTECH(オーテック)シリーズ、ノート、ノート オーラ 助手席回転シートも一部改良を受けています。こちらも今秋発売予定となっています。

日産ノートと同じように、ボディカラーの入れ替えが主なメニューとなっています。

ノート「AUTECH」の新規追加色として「サンライズカッパー」「バーガンディ」を用意。これに伴い、「プレミアムホライズンオレンジ」「ガーネットレッド」は廃止されています。

ノート AUTECH CROSSOVERには、「サーフグリーン」「ステルスグレー」「オペラモーブ」を新規で設定。「ダークメタルグレー」「オリーブグリーン」「プレミアムホライズンオレンジ/ステルスグレー」2トーンの3色は設定廃止となっています。

ノート 助手席回転シートは、「サーフグリーン」「ステルスグレー」「サンライズカッパー」「サーフグリーン/ダークメタルグレー」の2トーンが新たに加わり、「プレミアムホライズンオレンジ」「オリーブグリーン」は設定廃止となっています。

日産ノート
ノート オーラ G 助手席回転シートのエクステリア

さらに、ノート オーラ 助手席回転シートには、「サンライズカッパー」「ミッドナイトパープル」「ピュアホワイトパール/サンライズカッパー」の2トーンが新たに設定され、「プレミアムホライズンオレンジ」「オリーブグリーン」「オペラモーブ/スーパーブラック」の2トーンが廃止されています。

また、ベース車と同様、シートが抗菌仕様にアップデートされたほか、ノート オーラ助手席回転シートにリヤセンターアームレストが標準装備されています。

人気モデルになると、同じ車種・同じボディカラーになることがありますが、ノート・シリーズは、新色の設定により新たな選択肢が増しています。

日産ノート
ノート AUTECH CROSSOVERの新色「ステルスグレー」

●価格帯
「ノート」:203万3900円〜246万9500円
「ノート オーラ」:265万4300円〜299万6400円
「ノート オーラNISMO」:290万8400円
「ノート AUTECH」:254万3200円
「ノート AUTECH CROSSOVER」:257万6200円〜283万4700円
「ノート 助手席回転シート」:231万円〜256万8500円
「ノート オーラ 助手席回転シート」:275万3300円〜301万1800円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。