アウディ最小の「電気」SUV・Q2 e-tronの走行テストを目撃。ソーラーパネル・ルーフ採用!?

アウディは、最小クロスオーバーSUV「Q2」に設定されるEVモデル、「Q2 L e-tron」を2019年に発売すると発表し、その画像を1点公開しましたが、市販型プロトタイプの走行テストを初めてキャッチしました。

「Q2 L e-tron」は、その名の通り現在中国専用として販売されている「Q2 L」をベースとした電気自動車です。エンジン車に比べ、EVは冷却が必要ないため、グリルの半分が閉鎖されているのが見て取れるほか、エキゾーストパイプがないのも特徴となっています。

注目したいのは、不自然に白いテープで覆われているルーフです。これはソーラーパネルを隠している可能性があるようです。

アウディは、2017年に中国「Hanergy 」社とソーラーパネル・ルーフを共同開発すると発表。太陽電池を埋め込んだルーフを採用することにより、エネルギーをエアコンや電装システムに供給し、走行距離の伸長を狙います。同ブランドでは初の試みとなります。

今回の発表では、ソーラーパネルに関する情報は明かされていませんが、市販型での採用に注目です。パワーユニットとバッテリーパックに関する情報も不明ですが、航続距離は310マイル(510km)を超えると噂されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

デビュー間近のBMW X1改良型をキャッチ。初設定されるPHEVモデルのEV航続距離は42km以上
メルセデス・ベンツ 新型CLAシューティングブレークはリアビューが超進化。デビューは2019年秋?
大げさ過ぎるテールライトの偽装が示唆するのは…… メルセデス・ベンツ Eクラスのセダン新型プロトタイプをキャッチ
トヨタ怒涛の新車ラッシュはスープラから!2021年までに「セリカ」や「MR2」など19車種発売へ
マクラーレン・セナに最強のハードコア『GTR』設定へ。最高出力は825ps、ダウンフォースは驚異の1,000kg

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事