【復活】現代に新車2ストが蘇る?VinsMotoは公道も予定している最新の2スト250!

●EICMAで見つけた最新の250、2スト!

2ストはもはや過去のもの、もしくは競技専用のモデルとなっているここ数年。規制などによりなくなってしまったわけですが、実は完全になくなってしまったというわけではありません。

2スト、ってだけで煙吹きまくる旧式なマシン、というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、Vinsのマシンは2ストでありながらかなりハイテク。デザインも旧車のような渋い雰囲気は一切なく、先進的です。

後ろから突き出るチャンバーは僕らの知ってるあの2スト! 左右ではなくサイドとセンターに分かれているところもいいですよねぇ。僕は2スト大好き野郎なのでこのリアビューでイチコロでした…。

エンジンは250ccのVツイン。2ストをこういうデザインでまとめてくるあたり、さすが海外製って感じがします。

●バチバチな高級車

ひと目ではわかりにくいですが、よくよく見ると細かいところから伝わってくる高級感が凄い!削り出しパーツは当たり前、カウルやフレーム、スイングアーム、ホイールはカーボンですよ!?

リアサスの機構もかなり新しく、普通は縦に付いてるもんですが付いてる場所だけ同じで真横を向いていたりします。旧車の復活ではなく、あくまで2ストの新たな可能性に挑戦しているバイクなんです。

2ストと言ったらキャブ、という発想ですがそれは時代のせい。4ストと同じようにVinsもインジェクションを採用しています。

ちなみに2ストのインジェクションは難しいらしく、KTMなども開発していますがそのレベルの大企業でやっと、という感じ。Vinsを作っているメンバーは比較的若く、そこまで大きな会社ではありませんでしたがここまで開発できちゃうってことはかなりの凄腕が集まっているようです。

黄色いマシンはレーサーモデルですが、こちらは公道仕様車。もちろん保安部品も装備されています。

レーサーモデルを見たあとだとなんか急にトランスフォーマーみたいに見えてしまいますが、エアインテークも関係してこういうデザインになっているようです。

レーサーモデルに比べ、多少デチューンされているようですが、それでもかなり激しそう…。

新車の2ストで公道が走れる、という日が来るなんて、まさに夢のようなマシンです! レーサーモデルは来年に発売予定、日本でも買えるそうです。公道仕様車はまだ調整中で未定とのことですが、問題は値段。

おおよそ一台500万くらい。夢は夢のまま終わりそうです!

Vinsが凄いのはこれを開発したのはもちろんですが、更に凄いのは公道を走れるように規制を通そうとしているところ。こればっかりは2ストモデルを頑張り続けた大企業でもできなかったことです。

しかしインジェクションを開発しちゃうんだから可能性は濃厚なはず! 乗れはしなそうだけど2スト好きにとって夢あるバイクでした!

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ツーリング】バイクで行って欲しい!今までツーリングに行ってMotoBeが感動したスポット5選


【二輪男子必見】イマドキ女子にバイクはどう見える?彼氏に乗ってて欲しいバイクはどっち?!vol.1


【無料ナビアプリ】Yahooカーナビ、グーグルマップ、バイクに向いてるのはどっち?5年使ってみたレポート


【豆知識】これ知っておくと今後のバイクライフが変わる?バイクのタイヤって実は大きく分けて二種類あるらしい!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事