メルセデス・ベンツ Eクラスが大刷新へ。クーペにも新世代マスクを採用

メルセデス・ベンツのミッドクラスセダン「Eクラス」の派生モデル、「Eクラス クーペ」改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

今秋に入り「エステート」「オールテレーン」と相次いでプロトタイプをキャッチしましたが、「クーペ」も走行テストを開始したようです。

メインの改良点はフロントマスクのデザイン刷新とテールライトのリフレッシュになります。「CLS」に似た上部にターンシグナルを備えた新設計LEDヘッドライトを装備し、グリルやエアインテークにも新デザインが採用されるほか、新グラフィックのLEDテールライトが装着されます。

パワートレインは、最高出力185psと245psを発揮する2リットル直列4気筒ターボエンジン、最高出力367psを発揮する3リットルV型6気筒ツインターボエンジンをラインアップするほか、最高出力299psを発揮する2リットル直列4気筒+電気モーターのマイルドハイブリッドターボが予想されています。

「Eクラス クーペ」は、セダンとステーションワゴンの後で、おそらく2019年後半から2020年初頭にワールドプレミアが予想されています。そしてその後には「カブリオレ」が続くと思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

独占写真入手!ホンダ・アーバンEVの市販型プロトタイプを初スクープ
2019年登場予定のアウディ・Q7改良型をキャッチ。刷新されたフロントエンドを激写!
メルセデスAMG GT-Rファミリーに新たに追加される、サーキット指向の「CS」をキャッチ
メルセデス・ベンツ最小クラスとなる電動クロスオーバーSUV、スマートベースで開発中か!?
レンジローバー ヴェラール、凶暴すぎる「SVR」設定へ!最高出力は575馬力

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事