【SUPER GT2018】話題のModulo KENWOOD NSX GT3、最終戦もてぎをどう戦ったのか?

11月11日ツインリンクもてぎで開催されたSUPER GT 2018シーズンの最終戦「2018 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」。

今シーズンの後半戦、SUGO戦とオートポリス戦を4位、3位と順調にステップアップし、大きな話題となっているModulo KENWOOD NSX GT3。最終戦もてぎでは更なる向上が期待されていました。その戦いはどんなものだったのでしょうか。

予選はQ2へ進出し、道上龍選手は「タイヤが合っていなかった」と語っていますが、それでもシングルの9番グリッドからのスタート。スターティンググリッドにはホンダアクセスのマスコットキャラクター・くるタムも登場して応援!

午後1時30分頃、パトカーや白バイ先導のパレードラップ、フォーメーションラップと続いて250kmレースのスタートが切られます。この時点からコーナーリングに精彩を欠いている印象は拭えず、背後にいたARTA BMW M6 GT3に先行されてしまいます。

道上選手曰く「ブレーキの効きが弱い」とのこと。「単独で走っていたり前にライバルがいない状態であればブレーキは効くのだけど、周りにライバルがいる状態では効きが悪い。経験上感じたところではブレーキに風が当たっていない、熱がこもってフェード状態になっていた」と道上選手は語っています。

ブレーキの効きが弱い状態ではコーナーに対して早めにブレーキをかけて行かなくてはならず、タイムはおのずと下がってしまいます。また、ブレーキがダメな分タイヤを酷使してしまうので、この状態では無交換作戦はまず無理。

予選タイヤのチョイスでレーススタートのタイヤはソフトなものとなっていたのでタイヤ無交換作戦は念頭になかったともいえますが、ピットインでのタイヤ交換もリアのみにするか四輪全てにするかは悩みどころ。

結果的にはこのブレーキトラブルを引きずったまま我慢を強いられるレースとなり、それでも14位で完走となりました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事