【新車】2.0Lディーゼルエンジン+4WDで人気を牽引するモデルになるか?「パサート・オールトラック」が登場

フォルクスワーゲンのクロスオーバーディーゼルモデルの新型「パサート・オールトラック」が10月31日から発売されています。

搭載されるのは最新の「2.0 TDI」ディーゼルエンジンで、最高出力190ps/400Nmというアウトプット。トランスミッションは6速DSGが組み合わされています。

2015年に登場した現行パサートは、セダンとステーションワゴン(ヴァリアント)の2本立て。今回追加された「オールトラック」は、ヴァリアントをベースにクロスオーバーモデルに仕立てられたワゴン派生型モデル。

現在の「オールトラック」には、同じくワゴンのヴァリアントをベースとしたゴルフ・オールトラックもラインナップされており、「パサート・オールトラック」はゴルフ・オールトラックの兄貴分といえます。

『フォルクスワーゲン』の最新記事

フォルクスワーゲンe-golf
フォルクスワーゲンがピュアEV「e-Golf」の無料シェアリングサービス「白馬EVシェアリング」を2019年8月2日から開始
独フォルクスワーゲン・グループが発表した「goTOzero」声明とは?
登山を楽しむ人必見。VGJと「ココヘリ」が「ココヘリワーゲン」を展開
フォルクスワーゲンがベルリンでカーシェアリング「WeShare」を開始
ビギナーからベテランまで安全運転とサーキット走行が体験できる「GTI Driving Experience」
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事