【アウディ・A7 スポーツバック・ファーストエディション試乗】プレミアムでスタイリッシュでそして実用性も備える5ドアハッチバック

アウディ・A7スポーツバックはスタイリッシュな5ドアボディとなるスポーツバックコンセプトに基づき、開発されたモデルです。

初代モデルはその名も「スポーツバックコンセプト」と名付けられたショーモデルとしてデビュー。その後市販化となりました。

今回試乗したモデルは2018年9月に日本に導入が開始された2代目。初代同様に流麗な5ドアハッチバックボディが特徴で、サイドビューでは少なく鋭い、翼断面を思わせるグラスエリアが特徴的です。ドアがサッシュレスなので、全体としてプレーンでフラッシュサーフェスなボディを実現しています。それでいて彫りの深い部分は十分に深く、立体的で力強いスタイリングを実現しています。

セダンのA8は初代からASF(アウディ・スペース・フレーム)と呼ばれるアルミフレームを用いたプラットフォームを採用していましたが、A7のプラットフォームはASFとは呼ばれていません。

A7もアルミ材を多用して積極的な軽量化を進めています。とはいえ、試乗車の車重は1900kgにも及びます。ボディサイズは、全長×全幅×全高が4975×1910×1415mmとたっぷりとしていています。そして駆動方式は4WDですからこの重量は妥当と言えます。

このサイズのボディで日本の道を走るのはかなり気を遣いますが、車線はもとよりガードレールや中央分離帯などまで検知し、ボディを車線センターに維持しようとするアクティブレーンアシストによってステアリングが自動調整されるので、全幅をさほど意識せずに乗れてしまいます。

考えてみれば、ヨーロッパの車線もそんな広いわけではありません。ここまでボディが大きくなれば、この機能はあってあたり前なのでしょう。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事