アウディ初の市販EV「e-tron」、最大503馬力の「S」設定へ!

アウディ初の市販EV「e-tron」に、ハイパフォーマンスモデルとなる「e-tron S」が設定されることがわかりました。

捉えたレッドボディの開発車両は、強力なブレーキシステムの冷却効果を高めるためエアインテークとフロントバンパーを改良。大径の軽量アロイホイールを装備するほか、リアディフューザーを備えるリアバンパーが見てとれます。

ベースモデルには前後1基ずつ、合計2基の電気モーターを配置。最高出力360ps、ブーストモード使用時で最大408psを発揮し、0-100km/h加速は5.5秒で駆け抜けます。

対して「S」モデルでは、前に1基、後ろに2基の合計3基のモーターを搭載すると予想され、最高出力は435ps、ブーストモード使用時には最大503psを発揮。0-100km/h加速は5秒まで短縮されるといいます。

e-tronは市販車として初めて150kWの急速充電に対応。30分でフル充電が完了し、蓄電容量95kWhの高電圧の大容量バッテリーを搭載、航続距離400km以上が可能となります。

ワールドプレミアは2020年内と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
レクサス LCコンバーチブル外観_007
レクサス最強オープン「LCコンバーチブル」の市販型をPV撮影現場でキャッチ
アジラニ・モータース外観_001
アラブ発、ドラゴンの魂を持ったハイパーカー。11月12日に世界デビュー?
ポルシェ 911 GT3ツーリング外観_006
新型ポルシェ 911に設定されるGT3ツーリングは「記録」より「興奮」を選んだ車
ダッジ チャージャー SRT外観_002
「悪魔」を移植!? ダッジ チャージャーSRTヘルキャットのモンスターカスタムを11月に公開
ランボルギーニ エストック外観_005
ランボルギーニ初の4ドアEV発売の可能性。プラットフォームをポルシェ タイカンと共有
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事