兄弟車の日産・エクストレイルはどうなる!? ルノー・コレオス改良型がメルセデス製1.3リットルターボを搭載

暑さが衰えない南ヨーロッパで、ルノーのフラッグシップ・クロスオーバーSUV「コレオス」改良型をカメラが捉えました。

「コレオス」は、日産「エクストレイル」や「キャシュカイ」とプラットホームを共有する兄弟車です。2016年の北京モーターショーで最新モデルとなる第2世代がワールドプレミアされましたが、今回キャッチした車輌はそのフェイスリフト版となります。

改良型では前後デザインを刷新し、新開発のエンジンを搭載すると見られています。捉えた開発車両のフロントマスクは、ルノーが近年のデザインアイコンとする「サイクル・オブ・ライフ」を継承、L字型LEDデイタイムランニングライトをヘッドライトの下に配置すると思われます。

リア部も完全にカモフラージュされていますが、テールライトが新グラフィックとなります。

パワートレインには、ダイムラーと共同開発した1.3リットル直列4気筒直噴ターボエンジン「TCe」のルノー版を搭載し、同ブランドのSUV「カジャー」と共有すると予想されています。これにより、兄弟モデルである日産・エクストレイルへの影響も気になるところです。

コックピットでは、やはり「カジャー」同様にインフォテインメントシステム・ディスプレイが大型化されます。

ルノーは10月のパリモーターショーで「カジャー」改良型を発表すると見られ、2019年3月のジュネーブモーターショーで「コレオス」改良モデルのワールドプレミアが予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

名車「ディーノ」が復活か!? フェラーリのV6ハイブリッド開発車両をスクープ
アウディ・Q4のハイパフォーマンスモデル「RS」を初キャッチ。420馬力のガソリンエンジンを搭載
年内にも初公開? BMW・M8ファミリーの第3弾、630馬力の「グランクーペ」をキャッチ
フォルクスワーゲンの次世代EV第1弾の名称は「ネオ」!?
スピードテールは「F1」後継ではなかった!? ゴードン・マレー氏がV12搭載モデルを開発中

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事