エンジンの魅力だけじゃない。ロングドライブで分かったボルボ・XC60 D4の無敵っぷり

ボルボのプレミアムSUV、XC60に待望のディーゼルモデル「D4」が追加されました。さっそく試乗車を借り受けて、北海道から東京まで1100kmのロングドライブを敢行したのですが、ディーゼルエンジンの素晴らしさに加えて、ロングツアラーとしてのさまざまな魅力に気付いたのでご報告しましょう!

千歳空港でクルマを借り受けて美瑛町。そこから苫小牧まで南下してフェリーに乗り、八戸からみちのくの旅へ。XC60でこうしたルートを案内するナビゲーションシステムは、オーディオやエアコンなどとともに「SENSUS(センサス)」というインフォテインメントシステムに統合されています。

コントロールは一部音声でも可能ですが、もっぱら使うのはダッシュボード中央部にあるタッチスクリーン式の大型ディスプレイ。このディスプレイはサイズが9インチあるうえに縦長なので、カーナビの地図表示などには非常に役立ちました。そのほかBluetooth経由で電話ができたり、Apple Car Playを通じてiPhoneをコントロールすることも可能です。

『ボルボ』の最新記事

【新車】ボルボ・V60のPHVモデル「T6 Twin Engine AWD」に、659万円のベースグレード「Momentum」を追加
【新車】ボルボ・V60クロスカントリーが一部改良。「360°ビューカメラ」の標準化など安全装備を強化
ボルボXC90「D5」は、ターボに圧縮エアを送り出し発進時から力強い加速を実現
【ボルボXC90・新ディーゼル登場】圧縮エアーで過給を早めるスゴ技と北欧ならではの気配り
【ボルボ V60 クロスカントリー試乗】さすが北欧の国が作ったクルマと呼べる仕上がり

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事