日産・ジュークにも派生!? ルノー・キャプチャー「クーペSUV」、8月29日ワールドプレミアへ

日産「ジューク」とプラットフォームを共有するクロスオーバー兄弟車、ルノー「キャプチャー」に、初めて「クーペSUV」が設定されることがわかりました。そしてそのプロトタイプを初めてカメラが捉えました。

キャッチした試作車は、厳重なカモフラージュが施されています。しかし「キャプチャー」とは全く異なる、流れるような美しいルーフラインは一目瞭然です。ライバルとなるBMW「X4」やメルセデスベンツ「GLCクーペ」を彷彿させるファストバックシルエットは、かなりエキサイティングと言えます。

フロントマスクは「メガーヌ」のC型ヘッドライトなどルノー最新のデザインが予想されています。これまでの「キャプチャー」から進化した派生モデルは、兄弟車の日産「ジューク」次期型にも影響するかも知れません。

パワートレインは、メルセデスベンツ「Aクラス」新型にも搭載されている1.3リットル直列4気筒ターボエンジン「M282型」のルノー版と思われ、6速ATまたは7速DCTと組み合わされます。

ワールドプレミは、8月29日に開催予定のモスクワモーターショーで、生産型に近いコンセプトモデルが公開される可能性が高いようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

VW初のオープンSUV「T-Rocカブリオレ」、実車が走った
007ボンドカーとして登場か? 究極のGT・アストンマーティン DBSスーパーレジェーラにヴォランテ設定へ
アルピナB7改良型を目撃。注目はアグレッシブなマスク
アウディ・A6の派生モデル第3弾は「オールロード クワトロ」。新型は電動クロスオーバーに!
新設定のメルセデス・ベンツ「AMG A35セダン」、日本市場も視野に開発順調

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事