新型トヨタ・クラウンは「アスリート」も「ロイヤル」も「マジェスタ」もなくなる!?

まもなく登場する新型トヨタ・クラウン。プロトタイプのプレス向け試乗会がクローズコースで行われました。1955年に登場し、創業者の豊田喜一郎氏の想いがこもったクラウンは、7代目のキャッチコピーである「いつかはクラウン」でも象徴されるように、長年の間、国産車のヒエラルキーのトップに君臨してきました。

気になる新型クラウンの概要をお届けします。プロトタイプのボディサイズは、全長4910×全幅1800×全高1455mm、ホイールベースは2920mm。

プラットフォームは、レクサスLS、LCと同じ大型車向けの「TNGA-L(GA-L)」を使い、新型クラウンの1800mmという全幅に合わせたナロー版になっています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事