BMW・3シリーズ次期型は新世代デジタルコックピットを装備。2種類のハイブリッドも設定

BMWの4ドアセダン「3シリーズ」次期型プロトタイプをカメラが捉え、室内の撮影にも初めて成功しました。

激写した室内には、デジタル・インストルメントクラスタが装備されているのが確認できます。これはBMWグループが「デジタルデイ2018」で発表したばかりの次世代デジタルコックピット、「BMWオペレーティングシステム7.0」と思われます。目的地に近づくとパーキングマップに切り替えるなど、カスタマイズ可能なオプションと直感的な操作を可能にするBMWの新世代オペレーションシステムです。

センターコンソールに目をやるとこれまでよりコンパクトで操作感が向上したシフターが見て取れます。これは新型『8シリーズ』や「X7」と同じものです。周辺にはエンジンのスタート・停止、パーキングセンサー、ビデオカメラ、3つの運転モード(スポーツ、コンフォート、エコプロ)などのボタンを装備するほか、インフォテイメントシステムを制御します。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボ・ガソリン&ディーゼルエンジンのほか、1.5リットル直列3気筒、及び2リットル直列4気筒ガソリンエンジンと組み合わされる2種類の48Vマイルドハイブリッドモデルの設定が予想されています。さらにxDriveを備える上位モデルの「M340i」には、最高出力375psとも噂される直列6気筒エンジンがラインアップされるとレポートされています。

エクステリアはワイドになったキドニーグリルや「Z4」新型風、L字型テールライトを装備。上部に移動されたキャラクターラインによりアグレッシブなデザインとなりそうです。ワールドプレミアの場は、2018年10月のパリモーターショーと予想されており、2019年初頭からの発売される見込みです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

VW初のオープンSUV「T-Rocカブリオレ」、実車が走った
007ボンドカーとして登場か? 究極のGT・アストンマーティン DBSスーパーレジェーラにヴォランテ設定へ
アルピナB7改良型を目撃。注目はアグレッシブなマスク
アウディ・A6の派生モデル第3弾は「オールロード クワトロ」。新型は電動クロスオーバーに!
新設定のメルセデス・ベンツ「AMG A35セダン」、日本市場も視野に開発順調

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事