三菱・ランサーが復活!? EVクロスオーバースタイルで登場の可能性アリ!

三菱自動駐車の4ドアサルーン「ランサー」の新型モデルに関する情報を入手しました。それによると、次期型はクロスオーバースタイルで登場する可能性があるようです。

三菱は2017年の東京モーターショーでクロスオーバーSUV『e-Evolution コンセプト』を発表していますが、入手した情報によると、この「e-Evolution」市販モデルを「ランサー」新型として販売するようです。三菱自動車のチーフデザイナー・国本恒洋氏は「e-Evolution」が次世代ランサーに進化する可能性をメディに示唆しており、「Cセグメントがハッチバックである必要はない」と語っています。

「ランサー」は、初代が1973年に登場して以来、6代37年に渡り販売された伝統の4ドアセダンです(7代目は「ギャランフォルティス」として2007年から2017年まで販売)。

新型のプラットフォームには「CMF」を採用し、ルノー日産アライアンスと共有します。エクステリアは、コンセプトに近い押し出しの強いフロンマスクを持ち、トヨタ「C-HR」のようなスタイリッシュなクロスオーバーとなるはずです。パワートレインは小型・高出力モーターをフロントに1機、リヤに2機搭載するEVモデルとハイブリッドモデルのラインアップが予想されます。

予想されるワールドプレミアは、2020年に開催されるモーターショーとレポートされています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

VW初のオープンSUV「T-Rocカブリオレ」、実車が走った
007ボンドカーとして登場か? 究極のGT・アストンマーティン DBSスーパーレジェーラにヴォランテ設定へ
アルピナB7改良型を目撃。注目はアグレッシブなマスク
アウディ・A6の派生モデル第3弾は「オールロード クワトロ」。新型は電動クロスオーバーに!
新設定のメルセデス・ベンツ「AMG A35セダン」、日本市場も視野に開発順調

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事