三菱・ランサーが復活!? EVクロスオーバースタイルで登場の可能性アリ!

三菱自動駐車の4ドアサルーン「ランサー」の新型モデルに関する情報を入手しました。それによると、次期型はクロスオーバースタイルで登場する可能性があるようです。

三菱は2017年の東京モーターショーでクロスオーバーSUV『e-Evolution コンセプト』を発表していますが、入手した情報によると、この「e-Evolution」市販モデルを「ランサー」新型として販売するようです。三菱自動車のチーフデザイナー・国本恒洋氏は「e-Evolution」が次世代ランサーに進化する可能性をメディに示唆しており、「Cセグメントがハッチバックである必要はない」と語っています。

「ランサー」は、初代が1973年に登場して以来、6代37年に渡り販売された伝統の4ドアセダンです(7代目は「ギャランフォルティス」として2007年から2017年まで販売)。

新型のプラットフォームには「CMF」を採用し、ルノー日産アライアンスと共有します。エクステリアは、コンセプトに近い押し出しの強いフロンマスクを持ち、トヨタ「C-HR」のようなスタイリッシュなクロスオーバーとなるはずです。パワートレインは小型・高出力モーターをフロントに1機、リヤに2機搭載するEVモデルとハイブリッドモデルのラインアップが予想されます。

予想されるワールドプレミアは、2020年に開催されるモーターショーとレポートされています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

BMW X6の次世代型を初スクープ 波打つテールライトなどでスポーティ感を演出
初の電動化で700ps超え アウディ・RS7 新型、ロールケージ備えたプロトタイプがニュルで過激テスト
BMW iシリーズの最新作 新時代EVの「i4」市販型はテスラを凌駕する航続距離を実現
販売終了したVW・ビートル、次世代型はEV、しかも4ドアで復活の噂
ブガッティ史上最強モデルは6億4千万円!「シロン ディーボ」が8月に正式発表

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事