【新車・追加モデル】現行型N-BOXに+(プラス)が「設定されなかった」理由とは?

2017年8月にフルモデルチェンジを行い、2代目へと進化した軽自動車のホンダ・N-BOX。新設計されたシャーシ、エンジンによって広い室内空間と高い走行性能を実現。さらに運転支援システム「ホンダセンシング」を全車標準装備としたことにより大ヒットが続いています。

そのN-BOXに2018年4月、日常はもちろん介護から趣味まで幅広いシーンでの使いやすさを追求した「スロープ仕様」が追加されました。先代のN-BOXではスロープ仕様をN-BOX+(プラス)という独立した車種として2012年より販売されました。

しかし、現行モデルN-BOX+は設定されていません。その理由は「実際にお使いになっていただいたお客様から、特別な仕様ということがわからないようにしてもらいたいという声を頂きましたので、N-BOXのバリエーションの一つという形で開発しました」と開発者は話してくれました。

つまり、超高齢者社会を迎えた日本において介護はすでに特別なことではないのです。したがって、できるだけ標準のN-BOXと同じ仕様にして、より多くの人に使ってもらいたい。という願いから、N-BOX+という独立したモデルとして現行型ではラインアップされなかったわけです。

スロープ仕様のN-BOX、N-BOXカスタムと標準モデルの違いはリアドアの下端の見え方とリアハッチを開閉するドアハンドルの位置だけ。なぜこれだけ小さな違いに抑えられたのかというと、開発の初期段階からスロープ仕様を想定してデザインを構築してきたから。

ユーザーの声によって進化したのは外観だけではありません。普段はフラットな荷室の床として、引き出せばスローパーとして使える「スーパーフレックススロープ」。こちらは約4.5kgも軽量化し、操作性を向上しています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事