【新車試乗テスト】優れた燃費性能を発揮! VW・パサートTDIは東京~名古屋を往復してもまだ400km走行可能

紆余曲折あり、導入が遅れていたフォルクスワーゲンのディーゼル車。2018年2月に新世代2Lディーゼルターボエンジンを搭載したパサート/パサートヴァリアントが導入されました。

他のメーカーのディーゼル車はミッションにATを組み合わせているのに対して、パサート/パサートヴァリアントは6速DSGを採用。JC08モード燃費は20.6km/Lを実現しています。パサートヴァリアントのタンク容量は59Lなので、カタログスペック上では約1200km走行可能となっています。

実際にどれくらい走行できるのかを検証するために、ロングドライブテストを行いました。

テストは東京〜名古屋間で行いました。ルートはできるだけ一般的な使用状況に近づけるため、往路は走行モードをノーマルに設定。第三京浜から横浜新道、新湘南バイパス〜西湘バイパスを経由し、箱根ターンパイクを上ります。その後国道1号線を下り、一般道での走行を終了。新東名長泉沼津ICから一路名古屋を目指しました。復路は走行モードをエコに設定。名古屋から浜松まで約120kmは一般道を走行。浜松から沼津まで東名高速を走行し、再び往路の逆で東京へ戻りました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事