車内がまるでコンサートホールに!? パイオニア カロッツェリア「高音質試聴デモカー」でチューニングの大切さを体感しました!

前回、パイオニア「カロッツェリア サウンドエクスペリエンスカー」でカーオーディオの音の聴き比べをさせてもらいましたが、乗用車に設置するとどうなるのか気になったので、今度は「高音質試聴デモカー」でその違いを体感させてもらいました!

クルマはTOYOTA LAND CRUISER PRADO。設置されていたのは、カロッツェリア・サイバーナビ「AVIC-CL901」、カスタムフィットセパレートスピーカー「TS-V173S」(60,000円/税別)、サブウーファー「TS-WX70DA」(39,000円/税別)です。

「TS-V173S」はカロッツェリアのハイエンドスピーカー、RSシリーズで培った技術を継承したカスタムフィットスピーカーのフラッグシップ。一体どのようなサウンドが聴こえてくるのでしょうか。楽しみです。

まずはスピーカーがどこにあるか、チェックしてみましょう。

中低音域を担当するウーファーは、純正スピーカーが付いていたフロントドアに設置されていました。カスタムフィットスピーカーは、もともとスピーカーが付いていた場所に設置することができるので、クルマに穴を空けたりする必要がないことが魅力です。

高音域を担当するトゥイーターは本来ダッシュボード上に設置されるのですが、こちらはピラーの内部に埋め込まれており、見た目がスッキリしています。

超低音域を担当するサブウーファーはトランクに置かれていました。「ここに置いて大丈夫なの?荷物を積めなくなってしまうのでは?」と心配になりましたが、なんとこの「TS-WX70DA」は上に荷物を置いても全く問題ないのだそうです!

凄いのはオーディオシステムだけではありません。なんとこの「高音質試聴デモカー」、カロッツェリアが誇る音のプロフェッショナル「Expert Tuningチーム」にチューニングをしてもらったスペシャルな1台なんです!

車内は音響環境的にはとてもシビア。その状態であたかも目の前で演奏しているかのように聴こえるか、こだわってチューニングされたのだそうです。商品はもちろんですが、チューニングひとつでかなり変わってくるとのこと。

どのようなサウンドなのかますます楽しみになってきたところで、試聴スタートです!

まずはチューニングされていない状態から聴いてみます。もちろん私の愛車の純正スピーカーよりキレイな音が聴こえてきますが、やはりトゥイーターが近いので高音がきつく、ボリュームを上げて長時間車内にいるのは辛いかもしれません。

また音の鳴り方がバラバラです。何もしなければこのように、耳に一番近いトゥイーターから流れてくる音が良く聴こえアンバランスに感じますが、これを調整するためにスピーカーまでの距離を測り入力することで、それぞれのスピーカーからぴったり音が届くようになるとのことです。

『パイオニア』の最新記事

電動ホールド機能やワイヤレス充電規格「Qi」に対応。パイオニアが車載用スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」を発表
スマートフォンとのリンクを強化。パイオニアから「スマートフォンリンク」対応モデルなどのメインユニットが発売
純正スピーカーの音質を手軽に向上できるハイレゾ音源再生に対応したカロッツェリアのチューンアップトゥイーターが発売
パイオニアからマツダ車専用を含むコンパクトなデジタルプロセッサー2モデルが登場
パイオニアがフルHD録画対応と専用偏光フィルターを搭載したドライブレコーダー5機種を発売

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事