MGブースに展示されている「どこかで見たことがある」ようなデザインのクルマ2台【バンコク・モーターショー2018】

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのMGの出展の様子です。

MGは1920年代にイギリスで創業された自動車メーカーです。もともとはいかにもイギリス車らしいライトウエイトスポーツを中心にしたクルマ造りをしていたMGですが、多くのイギリス系メーカー同様に、合併、統合、分離、親会社の変更など紆余曲折を繰り返す歴史を歩んできました。

現在は中国の上海汽車の傘下に属しています。MGはリーズナブルなクルマ作りで知られ、バンコクの街中でもよく目にするブランドです。

    

MGはタイに組立工場を持っていることもあり、ショーアップしたプレゼンテーションを行うなど派手目の展示が目立ちました。そうしたなか展示されているクルマにはちょっとびっくりさせられました。

まず、メインで展示されたSUVのZSですが、こちらはマツダCX-5と見間違うかのようなスタイリングでした。搭載されるエンジンは114馬力/150Nmの1.5リットル4気筒で、4ATが組み合わされます。スターティングプライスは67万9000バーツ(約230万円)です。

もう1台の気になったモデルはMG3というコンパクトモデル。こちらはなんとなく漂う雰囲気、とくにフロントまわりの造形がルノーっぽい感じです(ZSより1世代前のGSも同じく)。MG3は106馬力/135Nmの1.5リットルガソリン4気筒を搭載、ミッションは5速MTとなります。スターティングプライスは47万9000バーツ(約165万円)です。

(文・写真:諸星陽一)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事