すべてをソウルレッドで統一し、ブランドイメージを訴求するマツダ【バンコク・モーターショー2018】

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのマツダの出展の様子です。

マツダのイメージカラーと言えばソウルレッドです。バンコクモーターショーのプレスデーでは展示されたすべてのクルマがソウルレッドで統一され、圧巻でした。ただ、どこかで見たことがある風景だなあ……と考えること3秒、思い出しました。2013年の東京モーターショーでマツダは全車市販車、全車ソウルレッドで統一したことがあるのでした。

 

そうした展示のなかでとくに目をひいたのがマツダ2、つまりデミオのノッチバックセダンモデルです。日本ではコンパクトセダンはなかなか難しい存在ではありますが、サイズ的、仕上がり的にはとてもいい感じがします。全幅は1695mmの5ナンバーサイズのままで全長を260mm延長して4320mmとしたモデルです。用意されているエンジンは1.3リットルのガソリンと1.5リットルのディーゼルです。

   

展示車をソウルレッドに統一したのはVIPディとプレスディの2日間だけで、一般公開日からは別のカラーリングのモデルも展示。販売に力を入れるかたちとなりました。

また、一般公開日には日本で発売されていないモデルとの1トンピックアップトラックのBT-50プロが展示されていました。BT-50プロは写真のダブルキャブのほかにも、観音開きドアを持つフリースタイルキャブ、2ドアのシングルキャブなどが用意されています。

(文・写真:諸星陽一)

『マツダ』の最新記事

マツダが「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」で、第53回機械振興賞の「経済産業大臣賞」を受賞
マツダが1310MPa級の高張力鋼板冷間プレス部品を世界で初めて開発。Mazda3に採用へ
【シカゴオートショー2019】マツダMX-5(ロードスター)30周年を記念した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を世界初公開
【新車】アウトドア派に応えるマツダ・フレアワゴン・スタイルが登場
【新車】マツダ・キャロルが一部改良で安全装備をアップデート。一部デザインと仕様を変更

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事