すべてをソウルレッドで統一し、ブランドイメージを訴求するマツダ【バンコク・モーターショー2018】

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのマツダの出展の様子です。

マツダのイメージカラーと言えばソウルレッドです。バンコクモーターショーのプレスデーでは展示されたすべてのクルマがソウルレッドで統一され、圧巻でした。ただ、どこかで見たことがある風景だなあ……と考えること3秒、思い出しました。2013年の東京モーターショーでマツダは全車市販車、全車ソウルレッドで統一したことがあるのでした。

 

そうした展示のなかでとくに目をひいたのがマツダ2、つまりデミオのノッチバックセダンモデルです。日本ではコンパクトセダンはなかなか難しい存在ではありますが、サイズ的、仕上がり的にはとてもいい感じがします。全幅は1695mmの5ナンバーサイズのままで全長を260mm延長して4320mmとしたモデルです。用意されているエンジンは1.3リットルのガソリンと1.5リットルのディーゼルです。

   

展示車をソウルレッドに統一したのはVIPディとプレスディの2日間だけで、一般公開日からは別のカラーリングのモデルも展示。販売に力を入れるかたちとなりました。

また、一般公開日には日本で発売されていないモデルとの1トンピックアップトラックのBT-50プロが展示されていました。BT-50プロは写真のダブルキャブのほかにも、観音開きドアを持つフリースタイルキャブ、2ドアのシングルキャブなどが用意されています。

(文・写真:諸星陽一)

『マツダ』の最新記事
変わったのは名前だけじゃない。乗るとデミオとの違いが沁みてくる【新型マツダ2試乗】
ヨコハマタイヤの「BluEarth-GT AE51」が「MAZDA CX-30」の新車装着タイヤとして選定
デミオ改め「MAZDA2」の新車装着タイヤに横浜ゴムの「BluEarth-GT AE51」が選定
新型SUVで販売攻勢をかける? マツダが米国に工場建設
マツダ3
前方視界の良さでドライバーをサポート。MAZDA3が「子どもを死角から守る前方視認性」でキッズデザイン賞を受賞
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事