タイでもやっぱりホンダはホンダらしかった!? 夢を与える展示とは?【バンコク・モーターショー2018】

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのホンダの出展の様子です。

トレードショーの要素が強く、各社ともに販売目的の展示に積極的なバンコクモーターショーですが、ホンダは販売車種以外の展示も積極的でした。

メインステージに置かれたのは燃料電池のクラリティ・フューエルセル。まだまだ、EV用の充電インフラの設置も間に合っていない状況ですが、水素を使って発電するFCVは夢をもった存在として受け入れました。

また、2017年の東京モーターショーでも展示された「ロボキャス」も展示&デモンストレーションが行われました。ロボキャスは3輪の電動屋台のようなものです。人について移動し、移動先でトップパネルが上昇。屋台のように使うこともできます。未来のタイの屋台街はこうした屋台が働いているかも知れません。

 

市販車としてはフィットの海外版となるジャズや小型セダンのブリオアメイズ、そしてシビックなどを展示しました。実際に販売するメインのクルマは実情に則したものですが、ショーの展開としては夢を与えるところがさすがホンダという印象でした。

(文・写真:諸星陽一)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事