【ニューヨーク国際自動車ショー2018】カローラとプラットフォームが共通のレクサス「UX」がアメリカ上陸

ジュネーブモーターショーでワールドプレミアを飾ったレクサスのコンパクトSUV「UX」が、2018年3月28日に開幕したニューヨーク国際自動車ショーにて北米デビューを果たしました。

ひと目でレクサスとわかるファミリーフェイスを与えられたUXは、サイズ的にはCセグメントに分類されます。そのホイールベースは、ニューヨーク国際自動車ショーで世界初公開されたカローラハッチバックと同じ2640mm、つまり最新のコンパクトカー向け「GA-Cプラットフォーム」を礎に、そのダイナミックなスタイルが成立しているというわけです。

レクサスインターナショナルのエグゼクティブバイスプレジデントであり、UXのチーフエンジニアを務める加古 慈(カコ チカ)氏は、このラグジュアリーコンパクトクロスオーバーについて、「現代的で、新鮮で、ダイナミックなラグジュアリーモデルを提案します」と説明しました。その一方で、「エキサイティングな面だけでなく、ライフスタイルを重視する30代のユーザーにもアピールするよう設計しています」と身近なレクサスといったキャラクターを想像させる発言もありました。北米においては、レクサスの普及モデルという面もあるようです。

グレードは大きく2種類。新世代の2.0リッターエンジンとCVTを組み合わせた「UX200」と、第4世代ハイブリットシステムに2.0リッターエンジンを合わせた「UX250h」が、2019年モデルとしてラインナップされるとアナウンスされました。

(写真:小林和久/Lexus USA 文:山本晋也)

【関連記事】

【ジュネーブモーターショー2018】レクサス版C-HR!? コンパクトSUVの「UX」は2018年冬頃に日本発売
https://clicccar.com/2018/03/07/566368/

【ジュネーブモーターショー2018】今冬発売予定のレクサス「UX」は都会派のコンパクト・クロスオーバーモデル
https://clicccar.com/2018/03/09/566801/

ランウェイで低くなった重心高をアピール。新型カローラハッチバックが世界初公開
https://clicccar.com/2018/03/29/573206/

【ニューヨーク国際自動車ショー2018】トヨタ・カローラハッチバックを初披露。 日本では今夏発売で車名は「カローラ●●●」?
https://clicccar.com/2018/03/23/571251/

【ニューヨーク国際自動車ショー2018】トヨタ・カローラハッチバックの内装、安全装備は?
https://clicccar.com/2018/03/24/571278/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事