【ニューヨーク国際自動車ショー2018】ランウェイで低くなった重心高をアピール。新型カローラハッチバックが世界初公開

この夏にトヨタカローラ店を通じて販売開始となる新しいカローラ・ハッチバックがニューヨーク国際自動車ショー2018にて世界初公開されました。

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)のGA-Cプラットフォームや2.0リッターエンジン、ローギア付きCVT、新開発6速MTなどの新世代パワートレインを採用した全身が刷新されたニューモデルです。

ボディサイズ
全長:4370mm
全幅:1790mm
全高:1435mm
ホイールベース:2640mm

北米での現行モデル(カローラiM)に対して20mm下げたという重心高を、踏ん張り感のあるスタイルで表現しています。その一新されたフォルムが生み出す走りの予感は、ニューヨークショーでのランウェイを闊歩するような演出でさらに高まったことでしょう。

先進安全面機能として第二世代のプリクラッシュセーフティシステム「トヨタセーフティセンス」を標準装備しているのに加えて、iPhoneの機能を車載の8インチディスプレイで操作できるApple CarPlay、音声サービスの「Alexa」を利用可能とするAmazon Alexaなどに対応しているのも現代のスタンダードカーとして魅力的な部分といえそうです。

(写真:小林和久 文:山本晋也)

【関連記事】

【ニューヨーク国際自動車ショー2018】トヨタ・カローラハッチバックを初披露。 日本では今夏発売で車名は「カローラ●●●」?
https://clicccar.com/2018/03/23/571251/

【ニューヨーク国際自動車ショー2018】トヨタ・カローラハッチバックの内装、安全装備は?
https://clicccar.com/2018/03/24/571278/

【週刊クルマのミライ】カローラ・ハッチバックは日米で共通モデルとなる。日本でのサブネームは?
https://clicccar.com/2018/03/24/571360/

ギヤ駆動とベルト駆動を組み合わせた「TNGA」世代の2.0Lクラス向け新型CVT・トヨタ「 Direct Shift-CVT」
https://clicccar.com/2018/02/27/563496/

世界トップレベルの熱効率を誇る、「TNGA」による直4・2.0L直噴エンジン・トヨタ「Dynamic Force Engine」
https://clicccar.com/2018/02/27/563483/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事