【ニューヨーク国際自動車ショー2018】新型RAV4はどうやってターンテーブルに登った?

自動車の展示方法で、よく見かけるのがターンテーブル。

立体駐車場のターンテーブルのようにフラットなところならともかく、多くのモーターショーなどでは一段上がったところにターンテーブルはあります。そこへどうやって出展車両たちは這い上がったのでしょうか?

今回のニューヨーク国際自動車ショーでは、RAV4がワールドプレミアされましたが、そのプレスカンファレンスで発表となる前は、空のターンテーブルが鎮座してました。

 

その後、無事にプレスカンファレンスが終わり、大体の場合、翌日からそのメーカーブースで展示、となるのが普通です。けれど、ここニューヨークでは開場時間内にクルマを移動させて展示するようです。

偶然にも、そのターンテーブルに載せる瞬間に遭遇しましたのでお伝えします。

まず、ターンテーブルの回転しない周り部分、おそらく車両が乗ると割れてしまいそうなガラスもしくはアクリル部分を外します。

次に、これまた回転しない側面、タイヤでいうとトレッド面のような部分を外します。中はおおよそ木材で出来てるようです。そして、車両が登っていくためのブリッジをかけます。

そのブリッジを誘導に従い慎重に上がっていくと設置完了です。

終わってしまえばなんということはありませんが、おそらく降りるときのほうがブリッジが見えずに怖いんじゃないかと思います。

いずれにしても、アクセルに対する反応や、ステアリングを切った分だけ向きを変えるか、そして見切りの良さなど、意外にもクルマの基本性能が試される部分かもしれませんね。

クルマを全方向から見られるターンテーブルによる展示は、新型車の展示方法の定番として今後も続くことでしょう。

    

(clicccar編集長 小林 和久)

この記事の著者

編集長 小林和久

編集長 小林和久 近影
子供の頃から自動車に興味を持ち、それを作る側になりたくて工学部に進み、某自動車部品メーカへの就職を決めかけていたのに広い視野でクルマが見られなくなりそうだと思い辞退。他業界へ就職するも、働き出すと出身学部や理系や文系など関係ないと思い、出版社である三栄書房へ。その後、硬め柔らかめ色々な自動車雑誌を(たらい回しに?)経たおかげで、広く(浅く?)クルマの知識が身に付くことに。2010年12月のクリッカー「創刊」より編集長を務める。大きい、小さい、速い、遅いなど極端なクルマがホントは好き。