【日産セレナe-POWER試乗】オプション込み430万円のMクラスミニバン、その価格に含まれる専用装備は?

日産の新しいパワートレイン「e-POWER」を搭載したセレナe-POWERに試乗しました。試乗したグレードは3ナンバーボディのハイウェイスターの、最上級グレードとなる「ハイウェイスターV」。1.2リッター3気筒エンジンですが、車両価格は340万4160円となっています。従来の内燃機関の感覚でとらえると高価に思えるかもしれませんが、ハイブリッド車としては大きめのバッテリーを積んでいますから、そうした内容を考えるとけっして高いとは感じません。

ちなみに、2.0リッター・マイルドハイブリッドのパワートレインを持つセレナと、新登場したセレナe-POWERを同じ「ハイウェイスター」グレードで比べてみると、前者が267万8400円、後者が317万8400円。なんと50万円の価格差があります。この差を省燃費性能の違いと考えるとe-POWERを選ぶ経済合理性はないように思えるでしょう。しかし、e-POWERの魅力がワンペダルドライブによるスムースな加減速と新しい体験にあると考えれば、その価格差に納得できるはず。いえ、納得できる人がオーナーになるのでしょう。

とはいえ、外観ではそれほど変わっていないように思えるセレナe-POWERですから、もうちょっと変えてほしかったという声もあるかもしれません。ちなみに、セレナe-POWERの外観上の変更点は、空力パーツがメイン。専用アルミホイールと、テールゲートに追加されたサイドスポイラー、そしてフロントグリルのブルーラインや3本ラインの追加されたテールレンズがe-POWERグレードであることを示します。インテリアでは、e-POWER専用シフトノブ、1列目シート間に設置されたセンターコンソールトレイ、そしてアームレスト付きのキャプテンシートとなった2列目が主な変更点となっています。

『日産・セレナ』の最新記事
日産・セレナ、ウリのはずのプロパイロットとe-POWERにある意外な弱点とは?【後編・悪い点】
マイナーチェンジを実施した日産・セレナ。迫力のフロントフェイスとセーフティシステム標準装備は魅力的【前編・良い点】
ブリヂストン・エコピア
ブリヂストン「ECOPIA EP150」が日産 セレナe-POWERのOEタイヤに選定
日産・セレナAUTECHは標準車+α の価格で手が届く魅力的なプレミアムモデル(PR)
「プレミアム」で快進撃!新生AUTECHブランド第一弾のセレナ AUTECHが絶好調な理由(PR)
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事