【新型フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン試乗】ゴルフ不要論が浮上しそうなほどに進化を遂げた6代目

フォルクスワーゲン・ポロは同社のラインアップのなかでup!(アップ)の上に位置するコンパクトモデルです。初代は1980年代初頭に登場し、今回導入されたモデルは6代目にあたります。

5代目までのポロはコンパクトハッチバックらしく、日本の小型車(5ナンバー)枠に収まるボディサイズでしたが、新型はボディ全幅が拡大されたため、普通車(3ナンバー)となります。

ボディが大きくなったのはゴルフなどにも使われている新世代プラットフォームのMQBを採用したからで、ボディサイズは先代と比べると全長が+65mmとなる4060mm、全幅が+65mmとなる1750mm、全高は-10mmで1450mm。ホイールベースは80mmも延長され2550mmとなっています。このボディサイズは4代目ゴルフ程度の大きさです。

   

搭載されるエンジンは1リットルの3気筒ターボで、最高出力は95馬力、最大トルクは175Nmとなります。ミッションは7速のDSG(デュアルクラッチAT)です。エンジンのフィーリングは非常に滑らかで3気筒エンジンだと感じさせることはまれで、普通に乗っていれば4気筒と勘違いしてしまうくらいのスムーズさです。ミッションはDSGですからシームレスにつながり、間断ない加速が得られます。

100km/h時のエンジン回転は2200回転と1リットル3気筒としてはそこそこ低めです。加速時には2500回転から上が気持ちよく、スポーティな印象すら覚えます。

低速時のステアリング操舵力はかなり軽く、切り返し操作が苦手な女性などでも軽々と転舵できるでしょう。速度が上がると今度は重めとなり走りにどっしり感がもたらされます。乗り心地はよく、ドイツ車らしいキッチリした工業製品さも十分に味わうことができます。

シートはクッション、背もたれともに硬めで、国産車のシートにしかなじみのない方にはちょっと抵抗があるかも知れませんが、クルマの動きがダイレクトに伝わってくるため運転に正確さが出るのと、余計な動きが制限されかえって疲労を軽減してくれるという利点があります。

ボディが大きくなったことで室内空間も拡大されました。先代では少し狭めに感じたリヤシートも十分な広さが確保されたとともに、ラゲッジルームの容量も71リットル増えて351リットルとなり実用性をアップしました。

駐車場や道路の事情で従来型ポロに乗っている方は大きくなったことが残念ですが、同じような事情で現代のゴルフをあきらめていた方には朗報かも知れません。今度のポロは名前こそポロですが、その中身はゴルフと言っていいほどに上級さを持っています。もしかしたら、ゴルフを食ってしまうかもしれない、そんなクルマが新型ポロだといえます。

(文:諸星陽一/写真:小林和久)

『フォルクスワーゲン』の最新記事

【クルマのミライ】新型VW・ポロの3気筒ターボは、軽乗用車の評価に影響する?
フォルクスワーゲンが「EVシフト」を加速!? 2022年までに世界16カ所でEVを生産へ
【新型フォルクスワーゲン・ポロ試乗】3気筒1.0Lにダウンサイジングされた新型の走りは十分か?
VWグループが電動化戦略「e-モビリティ」を加速。2025年にEV比率25%へ
最大665km走行が可能な完全自動運転のVW「I.D. VIZZION」を世界初公開【ジュネーブモーターショー2018】