【新型フォルクスワーゲン・ポロ試乗】3気筒1.0Lにダウンサイジングされた新型の走りは十分か?

2018年3月20日、約8年ぶりのフルモデルチェンジになる新型フォルクスワーゲン・ポロが発表、発売されました。新型ポロは、ゴルフやトゥーランなどと同様に、最新のプラットフォームアーキテクチャーの「MQB」を採用。なお、「MQB」は全長や全幅だけでなく、ホイールベースの延長、短縮も可能です。

先代よりも大型化された新型ポロには、1.0L(999cc)の直列3気筒DOHCターボを搭載し、最高出力95ps/5000-5500rpm、最大トルク175Nm/2000-3500rpmというアウトプットを得ています。先代同様に、組み合わされるトランスミッションは、デュアルクラッチトランスミッションの乾式7速DSG。なお、先代ポロは、1.2L(1197cc)の直列4気筒DOHCターボが積まれ、90ps/4400-5400rpm、160Nm/1400-3500rpm。

『フォルクスワーゲン』の最新記事

【クルマのミライ】新型VW・ポロの3気筒ターボは、軽乗用車の評価に影響する?
フォルクスワーゲンが「EVシフト」を加速!? 2022年までに世界16カ所でEVを生産へ
【新型フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン試乗】ゴルフ不要論が浮上しそうなほどに進化を遂げた6代目
VWグループが電動化戦略「e-モビリティ」を加速。2025年にEV比率25%へ
最大665km走行が可能な完全自動運転のVW「I.D. VIZZION」を世界初公開【ジュネーブモーターショー2018】

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事