【新型フォルクスワーゲン・ポロ試乗】3気筒1.0Lにダウンサイジングされた新型の走りは十分か?

2018年3月20日、約8年ぶりのフルモデルチェンジになる新型フォルクスワーゲン・ポロが発表、発売されました。新型ポロは、ゴルフやトゥーランなどと同様に、最新のプラットフォームアーキテクチャーの「MQB」を採用。なお、「MQB」は全長や全幅だけでなく、ホイールベースの延長、短縮も可能です。

先代よりも大型化された新型ポロには、1.0L(999cc)の直列3気筒DOHCターボを搭載し、最高出力95ps/5000-5500rpm、最大トルク175Nm/2000-3500rpmというアウトプットを得ています。先代同様に、組み合わされるトランスミッションは、デュアルクラッチトランスミッションの乾式7速DSG。なお、先代ポロは、1.2L(1197cc)の直列4気筒DOHCターボが積まれ、90ps/4400-5400rpm、160Nm/1400-3500rpm。

『フォルクスワーゲン』の最新記事

【新車】人気のフォルクスワーゲン「cross up!」が300台限定・2,098,000円で再登場
フォルクスワーゲンが愛犬とのドライブをサポートする「フラットベッド」を発売
【新車】ゴルフ・ヴァリアントに人気オプションを満載した特別仕様車「テックシリーズ」が登場
フォルクスワーゲンがオリジナルのアウトドアアイテムを公式オンラインストアで販売開始
「六本木ヒルズクリスマスマーケット2018」にフォルクスワーゲン・アルテオンやワーゲンバスが展示

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事