【5万円バイクを直して乗る】ついに点火!激安一万円キャブは脅威のレスポンスを発揮した!

順調にレストア進行中の5万円SR。いよいよ今回はエンジン始動。海外製一万円の激安キャブレターを装着していきます!

装着したのは1万ちょいという値段で手に入るKOSOの34φキャブレター。海外のカスタムパーツを取り扱っているKN企画さんに相談してチョイスしました。

エンジン周りを掃除していないのでピカピカのキャブが余計に目立ちます。セットでインシュレータも付属していますが、SRの場合は純正のままポン付けでした。

スロットルワイヤー関連は情報がなかったのでとりあえず適当に付きそうなものをチョイス。あとでぴったり合うように交換します。

タンクのコック部分が壊れているので、今回は容器からガソリンを送り込む昔ながらのバイク屋さんスタイル。エンジンはキャブ以外整備してませんが、果たしてかかるのでしょうか!?

チョークを引いて数回キックするとすんなりエンジン始動。とにかくSRじゃないみたいな鋭いレスポンス!

ただセッティングがあっていないのでチョークを戻すと止まってしまいますが、ジェットパーツも安く手に入るので後ほど合わせて行きます。灯火類も全部点灯確認し、レストアの第一段階はクリア!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事