【ポルシェ・911タルガ4GTS試乗】オーナーを一流の粋人に仕上げるルーフシステムと圧倒的動力性能

ポルシェは初代911からタルガという独特のスタイリングを持つオープンボディを設定しています。タルガの特徴はルーフが完全に収納、または取り外すことができるタイプで、真横から見るとリヤの三角窓が残っていることが特徴です。

タルガの名称は、かつてイタリアで行われていた公道レース“タルガ・フローリオ”に由来しています。ポルシェはこのレースで1966年から1970年まで連続優勝を果たしていて、それを記念して911のオープントップ車にタルガの名称を採用したのが始まりです。

 

現行991型のタルガは初代~3代目964型までと同様にリヤウインドウがサイドまで回り込んだルーミーなスタイリングを持っていることが魅力です。タルガトップの開閉はわずか20秒で完了。その複雑な動作自体がひとつのショーのような魅力を持っています。

 

開放された状態で乗ると一般的なオープンカーよりもずっと風の巻き込みが少なく、快適なドライビングが楽しめます。サイドウインドウをクローズすればさらに快適性は向上。髪の毛の長い女性を助手席に乗せても、許してくれそうな空間が手に入ります。

運動性能はポルシェそのもの。搭載されるエンジンはもちろん水平対向の6気筒。排気量は3リットルで最高出力はじつに450馬力と強力。試乗車に組み合わされていたミッションはPDKと言われるデュアルクラッチ式のATで、もちろんマニュアル操作も可能なタイプです。

GT4の名前からもわかるように駆動方式は4WDで、走り始めるとポルシェらしい力強い加速と、正確なハンドリング、そしてまるでタイヤから爪が飛び出して路面をつかむような強力なブレーキングが楽しめます。

スタイリッシュなオープンボディを持ちながら、911のスポーティさを存分に満喫できるポルシェ911タルガ4GTSは、スポーツカーに求められる多くの魅力が凝縮されたモデルと言えます。

(文:諸星陽一/写真:小林和久)

『ポルシェ』の最新記事

【新車】最長44km・135km/hまでEV走行可能な「カイエンEハイブリッド」の予約受注がスタート
ポルシェジャパンがフルバッテリーEV「タイカン」などに対応する、新トレーニングセンターを開設
新型ポルシェ911は日本人がデザインしていた! 唯一のポルシェ日本人デザイナーが語る911のカタチの秘密
ポルシェ、今秋の東京モーターショーには出展せず! 独自エキシビション「scopes Tokyo(仮)」を実施
【新車】世界初の「ウェットモード」など先進技術を満載し、8代目の新型ポルシェ911が登場!価格は16,660,000円〜

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事