やっと登場した日本初のミッドシップカー「MR2」。始動したチューニングカーをチェック! その1【OPTION 1984年10月号より】

先日まで紹介をしていました、OPTIONがノバ・エンジニアリングへ持ち込み製作した「シティ・ミッドシップ化計画」(1983年3月号~1984年2月号)。この時にはまだ、日本にはミッドシップカーは1台も発売されていませんでした。が、1984年6月、MR2(AW11)がようやくこの世に登場しました。

当然、OPTでも連載企画のホットマシンとして導入、初谷田部テストを紹介したのが、この号です。まずはこの日、OPT・MR2(その3で紹介します!)テスト時に谷田部へ登場したアルファ超一次仕様と、ストリートオシャレ仕様のトムス童夢をチェックしてみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チューンドMR2最新全科

【ストリート・ターボ】ALFA MR2ターボ

トラブルが惜しいが完成度の高いボルトオン!

アルファMR2はストリート仕様のボルトオン・ターボだ。完全なボルトオン+水冷インタークーラー仕様といっても圧縮比を8.5に下げブーストが0.8kg/cm2とのことなので、その速さにも十分に期待された。

1速から4速までの加速はさすがにターボフィーリング。ミッドシップ・スポーツカーとして我々が欲しかった加速感を与えてくれる。5速でさらに引っ張ると5900rpm、ブースト圧は設定値の0.8kg/cm2に達した瞬間、シュワッといった感じで0.3kg/cm2以下に下がってしまい、そのまま計測ラインを通過した。

原因はインタークーラーへの配管抜けというマイナートラブルで、結果は185.33km/hという残念なものに終わってしまったが、フィーリング的には200km/hを十分にマークしてくれるポテンシャルを持つと見た。