【東京オートサロン2018】今夏発売予定の新型クラウンのドレスアップ車が早くも展示されているトヨタ自動車ブース

東ホール8のTOYOTA GAZOO Racingブースに隣接した一角にカモフラージュ(偽装)を施されたクルマが展示された異彩を放つブースがあります。それがトヨタ自動車ブースです。

このトヨタ自動車ブースでは、ニュルブルクリンクで走行テストを重ねていたカモフラージュされた新型クラウンのテスト車両とともに、発売予定の新型クラウンのコンセプトカーをベースとした3台のカスタマイズカーと定番モデルトヨタ・ハイエースのカスタマイズカーが展示されています。

従来モデルとは異なり、6ライトと呼ばれるエクステリアデザインを採用したクラウンコンセプトをトヨタ純正パーツ、モデリスタ、TRDの3ブランドの手によってそれぞれ個性的に仕上げられています。

Exciting FlagShipというテーマでカスタマイズされたクラウンコンセプトモデリスタは漆黒メッキ加飾されたフロントウイングスポイラー、サイドスカート、リアスタイリングキットを装着。さらにフェンダーガーニッシュ、フォグベゼルガーニッシュ、ミラーガーニッシュそしてスーパーブライトクローム&ポリッシュ加工を施した20インチアルミホイールで足元を引き締めています。

マットブラックのボディカラーでスポーティさを強調しているのが、クラウンコンセプトTRD。フロントスポイラーをはじめ、サイドスカート、リアバンパースポイラー、トランクスポイラーなどのエアロパーツさらに、20インチアルミホイール、大口径マフラーを装着し、研ぎ澄まされた機能美により、走りとスタイルを極めています。

トヨタの純正アフターパーツでカスタマイズされたクラウンコンセプトは、外観はフロントスポイラーやリアスパッツ、サイドプロテクションモールを装着。内装ではオリジナルの西陣織シート&フロアマットを装着し、クラウンがにほんの高級車であることをアピールしています。

クラウンとともにトヨタ自動車ブースには安定した人気を誇るハイエースのカスタマイズカーを2台展示。TRDが手掛けたField Monsterともう1台はモデリスタがハイエース50周年を記念したコンプリートカーのRelaxbaseです。レトロ感漂うエクステリアが特徴のカスタマイズが特徴で、架装オプションとして、クォータートリムや補助バッテリーなども用意しています。

東京モーターショーで展示されたクラウンコンセプト。東京オートサロンでは早くも様々なカスタマイズの提案を行っています。

(萩原文博)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事