三菱e-EVOLUTION CONCEPTはライトウエイトスポーツ【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】

東京モーターショーに出展されるコンセプトカーから、各社注目車をピックアップ。担当デザイナー氏に速攻インタビューを試みました。第3回は三菱e-EVOLUTION CONCEPTです。

── はじめに、バギー風デザインにはどんなテーマがあったのでしょうか?

「EVのハイパフォーマンスカーを考える中で、よりライトウエイトな方向を目指そうと。そのためオーバーハングを極限まで詰め、地上高を上げて大径タイヤを履く、というスタイルにたどり着きました」

── フロントフェイスは三菱らしい表現に加えて、大胆な通気口が目立ちます

「三菱のダイナミックシールドを基本に、下部への空気はブレーキへ、サイドはホイールハウスで整流することを目的としています。空力のために風を逃がすのではなく、ボディに取り入れつつ性能値を上げる実験です」

── ボディサイドでは、彫刻刀で削ったようなキャラクターラインが特徴的です

「三菱のボディサイド面の考え方として、金属を削ぎ落としたような、重量感を持たせつつソリッドなカタマリ感を出しています。鉄板ではなく無垢のカタマリですね」

── リアピラーをカットした表現の意図は?

「これもフロント同様、風を入れて整流できないかという試みですね。もちろん、デザイン上のノイズにならないよう配慮しています」

── ボディやドアのカットラインは、前後に突き出したような勢いがあります

「ハイパフォーマンスカーとして前後両端をグッと張り出す勢いが欲しい。一方で、サイドボディ下端を切り上げることで軽さと動きを出し、かつてのライトウエイトスポーツのようなイメージを狙っています」

── やはり、軽快なパフォーマンスカーを意識した結果ですか?

「はい。最近は安全性能の向上もあり、サイドシルを外に張ったボディが増えました。今回はシルをサイドガード部分に統合させ、その分ボディ全体をタイトにまとめることで、まったく新しい世界観ができたと思います」

── 本日はありがとうございました。

(語る人)
三菱自動車工業株式会社
常務執行役員 デザイン本部長
國本恒博 氏

(インタビュー:すぎもと たかよし)

【関連リンク】

【東京モーターショー2017コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】
第1回「トヨタ Tj CRUISER」
https://clicccar.com/2017/10/26/524603/

第2回「ダイハツ COMPAGNO」
https://clicccar.com/2017/10/27/525146/

この記事の著者

すぎもと たかよし

すぎもと たかよし 近影
東京都下の某大学に勤務する「サラリーマン自動車ライター」。大学では美術科で日本画を専攻、クルマも最初から興味を持ったのは中身よりもとにかくデザイン。自動車メディアではデザインの記事が少ない、じゃあ自分で書いてしまおうと、いつの間にかライターに。現役サラリーマンとして、ユーザー目線のニュートラルな視点が身上。「デザインは好き嫌いの前に質の問題がある」がモットー。空いた時間は社会人バンドでドラムを叩き、そして美味しい珈琲を探して旅に。愛車は真っ赤ないすゞFFジェミニ・イルムシャー。