日産 IMxは先進技術と和の融合【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】

東京モーターショーに出展されるコンセプトカーから、各社注目車をピックアップ。担当デザイナー氏に速攻インタビューを試みました。第4回は日産IMxです。

── はじめに。一見スポーティなリーフにも見えますが、コンセプトはどこにありますか?

「実は日本的なアプローチなんですね。今後自動運転で安全性が飛躍的に高まった時代には、従来のようにクルマの内外を断絶するのではなく、外を感じながら走るようなことも可能なのではないかと。あたかも和室のような発想からスタートしました」

── それはエクステリアにも言えることですか?

「はい。旧来からの動物の筋肉的な発想ではないスポーティさです。たとえば、フロントグリル両端の赤色は着物をイメージしているのですが、光を受けてほのかに浮かんだ赤色がボディを回る。そんなところからスポーティさを表現したいと考えました」

── フロントフェンダーなどのレイヤー状の表現もその一環でしょうか?

「着物だけではなく、日本独自の薄く軽いものを重ねる文化をイメージしています。シートのヘッドレストは日本の組木からの発想で、最新の3Dプリンタを使い、木では再現不可能な新しい造形に落とし込んでいます」

── 広いドア面は、凹面になっているのが意外です

「一般的にはドアからリアにかけてボリュームを持たせるところですが、逆にドア面の量感を減らすことでリアのボリューム感を上げる試みですね。色も、シルバーに近い微妙な白とし、リフレクションではなく陰影でボディを見せたかった」

── ホイールにも赤が使われています

「この赤は縦面に入れていて、真横からは見えない演出です。イメージは漆塗りですが、こうした要素をいくつも散りばめながら、まったく新しいスポーティさを模索したわけです」

── 本日はありがとうございました。

(語る人)
日産自動車株式会社
グローバルデザイン本部
エグゼクティブ・デザイン・ダイレクター
田井悟 氏

(インタビュー:すぎもと たかよし)

【関連リンク】

【東京モーターショー2017コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】

第1回「トヨタ Tj CRUISER」
https://clicccar.com/2017/10/26/524603/

第2回「ダイハツ COMPAGNO」
https://clicccar.com/2017/10/27/525146/

第3回「三菱 e-EVOLUTION CONCEPT」
https://clicccar.com/2017/10/29/525927/

『東京モーターショー2017』の最新記事
【東京モーターショー2017】「隠れXV」アイコンに込められた意味とは? XV FUN ADVENTURE CONCEPTを徹底チェック!
【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】番外編・デザイナーの妄想を全開にした、いすゞ FD-Si
海外勢の「にわか電動化」に翻弄されない日本流のEV戦略とは?【東京モーターショー2017】
スズキ スペーシア コンセプトは愛着のある道具【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】
【東京モーターショー2017】MAZDAが2台のコンセプトカーに凝縮させた「日本古来の引き算の美学」とは?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事