【東京モーターショー2017】本当は「おちゃめ」な豊田章男社長、実はバイク好きだった!?

まずは鈴木社長をバイクに跨らせ、続いて自身もバイクに跨っていきなりの「ウイニングポーズ」。これには会場に居合わせた人達にも大ウケでした。

それだけに留まらず、続いて訪問したホンダブースでは、展示中のスーパーカブやモンキーに跨り、居合わせた人達を前にポージング。章男社長、もしかして実はバイク好きだったのでしょうか。

さらに提携先のマツダのブースに展示されているコンセプトカーを視察、偶然居合わせたマツダの小飼雅道社長と固い握手を交わした後、提携先のBMWのブースを訪問、出展車両を視察する姿が見受けられました。

このように気さくで且つ「おちゃめ」な章男社長は、どのブースへ行っても人気者で、こうした章男社長の人懐っこいキャラクターが昨今、次々に実現している同業他社との提携に寄与しているのかもしれません。

豊田社長自らもモーターショーを楽しんでいる光景を目撃して、微笑ましく思えると同時に、ショーを懸命に盛り上げようとする姿が印象的でした。

Avanti Yasunori

【関連記事】

次期ハイエース?トヨタ車体が新発想のマルチバンを公開!
https://clicccar.com/2017/10/26/524904/

トヨタ自動車が本格自動運転搭載のレクサス「LS+」を公開!
https://clicccar.com/2017/10/26/524629/

電動化に積極的なトヨタが「乗って楽しいEV」の実現を約束!
https://clicccar.com/2017/10/25/524338/

トヨタ自動車が“日本の風景を変える”次世代タクシー「JPN TAXI」を発売!
https://clicccar.com/2017/10/24/523566/

トヨタが「自動運転時代のインテリア」を6人乗りFCVで提案!
https://clicccar.com/2017/10/20/522306/

トヨタ自動車が「未来の愛車」をカタチにしたEVコンセプトカーを出展
https://clicccar.com/2017/10/17/521442/

東京モーターショー17ではトヨタブースの15代目「新型クラウン」に注目!
https://clicccar.com/2017/10/15/520974/

『東京モーターショー2017』の最新記事

【東京モーターショー2017】「隠れXV」アイコンに込められた意味とは? XV FUN ADVENTURE CONCEPTを徹底チェック!
【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】番外編・デザイナーの妄想を全開にした、いすゞ FD-Si
海外勢の「にわか電動化」に翻弄されない日本流のEV戦略とは?【東京モーターショー2017】
スズキ スペーシア コンセプトは愛着のある道具【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】
【東京モーターショー2017】MAZDAが2台のコンセプトカーに凝縮させた「日本古来の引き算の美学」とは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事