アスカ・ディーゼル・ターボが男気速度記録に挑んでいた!【OPTION1984年1月号より・前編】

乗用車用ディーゼルエンジン、日本の先駆者!・・・と勝手に思う、いすゞの名車、アスカ。

OPT最高速テストではまったく姿を見ないいすゞ車ですが、なんと! FIA公認のスピードトライアルに挑戦していたことをご存知でしょうか? ステージは日本自動車研究所・通称:谷田部の高速試験路の1周5.5km。かつてトヨタ2000GTやニッサンR380が挑戦したスピードトライアルですが、今回、16年ぶりに行われた国際スピードトライアル。テストは1983年10月21~22日。1時間のスプリントと24時間耐久の2種にチャレンジ。

FIA国際スポーツ法典に基づき「カテゴリーA:4輪特殊自動車 グループ3:過給自由のディーゼル クラス7:排気量1500~2000cc」。そして、この挑戦の意義は「ガソリン・エンジンを超えることを目標として、高速・高性能ディーゼルへの技術挑戦への一環」という、男気な挑戦でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドキュメント 1983年10月21日
指示されたレブリミットは+-10rpm!
バンクには「絹の糸」のような走行ラインがあった!

午前10時18分、津々見友彦のドライブする1号車はゆるゆるとスタートしていった。スタンディングスタート1周目こそ1分47秒59、平均速度183.09km/hだが、2周目以降は1分31秒台で正確無比に周回し、1時間1分18秒76後の11時19分、40周を走り終えてゴールした。

100マイルの平均速度213.99km/h、1時間の平均速度214.19km/h。いずれもアルファロメオの記録を抜いた。コクピットから降りたった津々見はさほど疲れた様子もなく、カメラマンにポーズをとっていた。

が、本番はこれから。これはウォーミングアップだ、といった感じであった。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事