ミッドシップRX-7、ミラクオーレ、パルサーEXAも走った![83年の谷田部テスト前編]

OPTは、フルチューンのタイム狙いのクルマだけをテストするワケではありません。一風変わっていたり、珍しいチューニングが施されていたり、イロモノだったり。この記事は、まさにそんなクルマのみを集めた谷田部テストです。さて、どんなマシンが登場しているのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

驚異のミッドシップRX-7から

懐かしのホンダNも!

やっぱり無制限に改造したマシンは興奮する。それも正統派でなく、異色マシンとなると興味倍増。激烈チューンのあの手この手に注目!

 

GCマシン並みのレコードブレーカー登場

サバンナRX-7ミッドシップ by キャピタル

最高速=220.86km/h/ゼロヨン=11秒88

 

カッコを見てギョッ。室内に乗り込んでビックリした。RX-7のミッドシップというからハチャメチャ改造車と思っていたら、まさに富士GC並みの本格的な作りなのだ。

モノコック・フレームのコクピットに寝るように潜り込むと、まるで地を這う感覚。背後には剥き出しの13Bエンジンがある。が、カウルの作りが悪く、フロントタイヤや地面が見えるので、なんとなく不安になる。エンジンをかけて、さらに驚く。ストレートマフラーから発する、ペリのエキゾーストノートで耳の鼓膜が破れそうだ。

ヒューランド・ミッションのシフトは、レーシングカーと同じ、手首のかえしだけでカチッと入る。290ps近い13Bペリは、6000rpmからがパワーバンドというが、1速、2速、3速と、6000rpmで流してみる。細かい振動が発生するが異常はない。ただ、室内に路面のホコリが飛び込んでくるのはまいる。

徐々にエンジン回転を上げていく。スピードは200km/hあたりか。直進性は悪くない。5速7000rpmまで上げてみるが、油温、水温が上昇するのでこれ以上回せない。

シェイクダウンテストということで、最高速は220.86km/hでとどめたが、ゼロヨンは11秒88をマーク。やはり、本格的なレーシングカー並みのミッドシップ化は、ノーマルカーベースの改造車とは次元の異なるポテンシャルを秘めている。が、ロールケージが欲しいし、丈夫なカウルにしないと、このままでは吹き飛ぶ恐れがある。しかし、この状態でももっと走りたいナ!と思わせる魅力があるのも、事実。久々に燃えた、激烈マシンだ。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事