アスカ・ディーゼル・ターボが男気速度記録に挑んでいた!【OPTION1984年1月号より・前編】

続いて午後2時20分、2号車による24時間スピードトライアルが始まった。1時間トライアル後に降り始めた雨によって、路面に水溜りができている中でのスタート。雨中でも一定のペースで淡々と周回する。第1ドライバーは再び津々見だ。

スタートして3時間後、雨雲と迫りくる夕闇によってあたりは薄暗い。間断なく降り続ける冷たい雨によって、なんとなく陰鬱な雰囲気だ。そんな中、静かにピットイン、給油ストップだ。10名ほどのピットマンがとりつき、約20秒弱で120Lを満タンにし、第2ドライバーの永田雅一が乗り込み、バンクに突入していった。そして、淡々たる走行が再開された。

ターボというせいか、ストレートマフラーでありながらアスカ・ディーゼル・ターボの排気音は低く、おとなしい。スピード感に欠け、ツーリングといった感じだ。が、ドライバーといすゞの技術者にとっては、最後まで気の許せないチャレンジが続いている。

3時間のドライブから解放された津々見は、4400+-10rpmで走るように指示されているので、直線部分ではアクセルコントロールに凄く神経を使う。休めるのはバンク。が、そのバンクも微妙で、絹の糸みたいなラインがあり、その上を通らないとスピードが殺される」、なんともシビアなことか。単調に走り続けるが、限界ギリギリのところで走っていることをうかがわせる。そして、デリケートな操作を要求されるドライバーもまた、精神的肉体的に厳しい自己制御を強いられているわけだ。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事