2代目インフィニティG35ではなく、12代目V36スカイラインを創ったという開発陣の熱意とは!?【スカイライン60周年記念】

先代のV35スカイラインは、国内では伸び悩んだものの、米国市場では初代インフィニティG35としてヒットし、大いに販売を伸ばしました。次期型では、当然需要の大きいインフィニティG35の2代目として開発すると思いきや、さにあらず。

開発陣は、スカイラインの復権を目指し、走りのスポーツ性能を向上させるべく開発を進めたのです。

そして2006年5月、12代目V36スカイラインは4ドアセダンで登場し、1年半後に2ドアクーペを投入。その後、スカイライン初のSUV「スカイラインクロスオーバー」をラインアップして、多様化する市場のニーズに対応しました。

メカニズムでは、レスポンスとパワーを向上したV6エンジンを新開発。セダンには315psの3.5Lと225psの2.5Lを搭載し、ブリッピング機能を持たせた5ATを設定。剛性をアップした新プラットフォームとクイックなハンドリング設定によって、俊敏なドライビングを実現しました。

またクーペとクロスオーバーには330ps級の3.7Lを搭載するとともに、クーペには6MTも設定。スタイルは背低クーペと背高クロスオーバーの両極ですが、両車とも大排気量NAエンジンがもたらす余裕の走りとハイパワーを活かした豪快な走りを実現しました。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事