中古車市場で高値安定!? R34 スカイライン GTターボの人気の秘密とは?(その1)【等身大インプレ】

今年2017年、スカイラインは生誕60周年を迎えました。クリッカーでも、13世代に渡る長いモデルチェンジの歴史について、「モーターファン別冊 歴代スカイラインのすべて」から紹介してきました。

ネットを通じて感じたのは、多くのクルマ好きが「スカイラインらしいスカイラインは、R34まで!」と考えていること。そこで等身大インプレ第10弾では、いつものレンタカー店にラインアップされている「R34スカイラインGTターボ」を試乗することにしました。

試乗の前に、ネットで中古車価格を調べたらビックリ仰天! 登場から20年近く経過した中古車なのに、なんと軒並み100万円台で販売されており、程度次第では200万円を超えているではありませんか!

「GT-Rじゃないに、高値安定!?」と自問自答しつつ、「こうなったら、人気の秘密を堪能しちゃおうじゃないの!」と気合いが入った次第。

また筆者は、R32スカイラインGTSタイプSの5MT仕様に新車から25年間愛車として乗り続けておりました。本当にR32が大好きで、長くコンディションを維持するために「新車以上改造未満」をモットーに、ボディ剛性強化や車高調ショック交換、ブッシュ・マウント交換等、いろいろ見えないところに手を入れていました。

R32とR34は、エンジン型式やプラットフォームが同系列なので、個人的にも両車の違いを見極めたいところであります。

『日産・スカイライン』の最新記事

このクルマ、知ってる? インフィニティQ60はエレガントなラグジュアリースポーティーカー
【日産・スカイライン公道試乗】プレミアムセダンらしい直進走行時の安心感の高さを実感するも、見え隠れする改善点
【日産・スカイライン公道試乗】ベンツ製エンジンを積んだ200GTt Type Pのハンドリング、乗り心地、騒音性能をチェック
【日産・スカイライン公道試乗】世界で戦うスポーツセダンは、マイナーチェンジでさらに魅力あふれるデザインに変貌
R34 スカイライン GTターボに、スカイラインの真髄を見た(その3)【等身大インプレ】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事