おすすめ記事一覧



'星崎 俊浩'の過去記事一覧

歴代最販スカイラインは、3つの特徴が揃った4代目の「ケンメリ」!【スカイライン60周年記念】

2017/05/22 16:33 by   痛車・カスタム, アイテム, 旧車, 書籍/雑誌/ムービー

好評を博したハコスカに続き、1972年に4代目スカイラインがデビューしました。 当時の日産は、ハコスカに続いて4代目も「愛のスカイライン」をキャッチコピーに採用。そしてCM では、若い男女「ケンとメリー」がカーライフを満喫するシーンを流して、若者層に訴求したのです。 4代目スカイ...

続きを読む »


「ハコスカ」こと3代目スカイラインのCMは「愛のスカイライン」だったってホント?

2017/05/19 15:33 by   痛車・カスタム, アイテム, 旧車, 書籍/雑誌/ムービー

日産がプリンスを合併吸収した1966年から2年後の68年、3代目となる日産スカイラインが登場しました。 キャッチコピーは「愛のスカイライン」。当時のCMをネット動画で見ると、美男美女がスカイラインを乗りこなす青春の情景が眩しいほどロマンチック。しかも様々なシーンをシリーズ化していますから、否が...

続きを読む »


スカGの伝統は、2代目の「羊の皮を被った狼」から始まった!【スカイライン生誕60周年】

2017/05/15 19:12 by   痛車・カスタム, アイテム, 旧車, 書籍/雑誌/ムービー

初代プリンススカイラインのモデルチェンジでは、上級車グロリアとの差別化や、普及し始めたファミリー層への訴求強化を目指し、高級志向からの方向転換をはかりました。開発目標は「信頼性が高く、手のかからない車」。エンジンは、直4OHVの1.5L を改良して搭載。ファミリー層向けにサイズを縮小するとともにフル...

続きを読む »


先進と高級を目指した初代プリンス・スカイラインには2台の兄弟車があった!?【スカイライン生誕60周年】

2017/05/12 15:47 by   エンタメ, アイテム, コラム・連載, 書籍/雑誌/ムービー

初代プリンススカイラインの産みの親である富士精密工業(後のプリンス自動車工業)は、戦後トヨタとともに国産車の独自開発に取り組んだ骨太なメーカーでした。プリンスブランドで初代と2代目スカイラインを送り出しましたが、経営難のために日産に吸収合併された経緯があります。 初代プリンススカイライ...

続きを読む »


スカイラインは、日本人にこだわりを持って愛されたクルマだ!【スカイライン生誕60周年】

2017/05/07 19:33 by   痛車・カスタム, アイテム, 旧車, 書籍/雑誌/ムービー

日産スカイラインが、1957年の誕生から60周年を迎えました。現役国産最古参のトヨタクラウンが2年早いだけですから、スカイラインは日本自動車史に2番目に長い歴史を刻んできたことになります。 当初スカイラインは、「プリンス・スカイライン」として誕生。その後プリンス社が日産に吸収合併されて、「日産...

続きを読む »


新型ワゴンRのさらなる軽量&ECOを実現させたスズキの独自技術とは?

2017/04/30 19:33 by   ニュース・新車, アイテム, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車, 書籍/雑誌/ムービー

■独自の新世代プラットフォームで軽量化と高剛性化を両立 もともと軽量&ECOが売りの軽自動車やコンパクトカーにおいて、更なる軽量化とECO性能の向上は非常に困難といわれてきました。そんな中でスズキは、新型ワゴンRに独自技術を積極的に導入し、軽量&ECOの進化を実現したのです。 新...

続きを読む »


話題のアンブレラホルダーだけじゃない! 新型ワゴンRのインテリアは機能的な広々快適空間

2017/04/27 15:03 by   ニュース・新車, アイテム, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車, 書籍/雑誌/ムービー

■インパネの主役は、センターメーターと浮き出すような大型ナビコンソール 新型ワゴンRの運転席に乗り込んで最初に感心したのは、ドアを閉めた時でした。薄くて軽いと「バタン」となるとなりがちですが、しっかり「ドン」と閉まり、ボディ剛性と気密性の高さを感じました。 インパネはセンターメー...

続きを読む »


新型ワゴンRは「四角」と「横長」と「縦長」のヘッドライトで3つの個性を主張!

2017/04/24 15:33 by   ニュース・新車, アイテム, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車, 書籍/雑誌/ムービー

■3つのフロントマスクで個性を主張 新型ワゴンRのデザイン開発では、3つのデザインテーマを設定しました。 1つ目は、軽ワゴンナンバーワンの大きさ、広さで立派に見えることと、キャビンが長く、広く見えること。2つ目は新世代ワゴンRで、ひと目でワゴンRだとわかるデザインであること。そして3つ目...

続きを読む »


新型ワゴンRが、軽自動車市場のど真ん中にいるとは!?

2017/04/22 15:33 by   ニュース・新車, アイテム, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車, 書籍/雑誌/ムービー

■ハイトワゴンはスーパーハイトワゴンに苦戦中 「ハイトワゴン」市場を開拓したスズキのワゴンRは、長年に渡って軽自動車販売のトップに君臨する小さな巨人でした。しかしここ数年は、スライドドアを備えたタントやN-BOX等の「スーパーハイトワゴン」に人気を奪われてきました。 スズキによる...

続きを読む »


新型スズキ・ワゴンRは、3タイプのエンジン・3種のマスク・3色のインパネでデビュー!

2017/04/16 19:33 by   ニュース・新車, アイテム, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車, 書籍/雑誌/ムービー

■マイルドハイブリッドを含め、3機のエンジンを搭載 6代目となる新型ワゴンRは、機能と使い勝手の高次元での両立を目指し、アルトに続いて新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースにして開発されました。衝突安全性能を向上させるとともに、軽量化によって走りと燃費も改善しています。 エ...

続きを読む »