もともと日本車は「ミラーフェチ」だった!? レクサス・ESのデジタルアウターミラーだけじゃない、「初」登場のミラーあれこれ

レクサスの新型ESが、量産車として初めてデジタルアウターミラーを搭載することになりました。はたしてどんな使い勝手なのか試乗が楽しみですが、ちょっと待った!

もともと日本車がバックミラーに対して並々ならぬ執着を持っていたのをご存知でしょうか?

●日本の厳しい駐車場事情を考えました!(日産ローレル)

日本でドアミラーが認可されたのは1983年のこと。それまではボンネットの前のほうにニョッキリ生えるフェンダーミラーしか認められませんでした(キャブオーバーのトラックなどは除く)。

その後、かっこいいドアミラーが普及するにつれて出てきたのが「出っ張ってて邪魔」という声。中でも駐車スペースが車幅ギリギリというクルマオーナーには死活問題でした。

そこで誕生したのが電動格納式ドアミラー! 1984年、C32型日産ローレルが世界で初めて採用した画期的な装備です。いまでは輸入車にも当たり前の装備ですが、発端は日本の厳しい駐車場事情だったんですなあ。

●フェンダーかドアか迷ったので両方付けました!(日産スカイライン)

ドアミラーが認可された当時は、ドアミラー派とフェンダーミラー派に分かれて、どっちが見やすいか熱い熱い議論が戦わされたのですが、それならば、と登場したのが、R31型日産スカイラインのアンシンメトリーミラー(1985年)。なんと運転席側はドアミラー、助手席側はフェンダーミラーという非対称スタイル! 視線移動を最小限にという理屈でしたが1年でカタログから消えました。日産のチャレンジングな姿勢に乾杯です。

この画像ではドアミラーですが、手前側だけフェンダーミラーだったんです!

●「鏡はいつもきれいに」というこだわり3選(日産レパード&シーマ、トヨタマークII)

日本人には「鏡はいつもきれいでなくては」というこだわりがあるのかもしれません。その草分けが、1980年に登場した日産(またかよ!)レパード。ミラー自体はフェンダーミラーでしたが、なんとちっこいワイパー付き! こいつでクリアな視界を確保しようとしたわけです。

この発想はドアミラー時代にも受け継がれます。88年に登場した日産(もうなにもいいません)シーマは、上級モデルのドアミラーにワイパーを装着し、ニッポンが誇るおもてなしの心を表現していました。

しかししかし、いくらドアミラーにワイパーを付けても、サイドウインドウ自体が濡れていたら意味がありませんね。こりゃなんとかしなくては、と登場したのがトヨタの80系マークII(とその兄弟車)です。なんとミラー自体ではなく、サイドウインドウにワイパーが付いており、雨の日でもしっかりミラーが見える工夫がなされていました。下の画像は当時のモーターファン別冊の解説記事です。

もはや執念を感じるレベルですね。

●一足先にルームミラーをインテリジェント化しました(日産エルグランド他)

ドアミラーより先にインテリジェント化が進んだのがルームミラーです。2014年に日産(笑)が発表したスマート・ルームミラーは、ルームミラーと後方カメラの画像が切り替えられるようになっており、ラゲッジスペースにでかい荷物があっても後方確認ができるようになりました。

 

この技術、ホンダの新型CR-Vにもオプション設定されたようで、今後は普及が進みそう……と書いていてなにか落ち着かない。あ、昔からパネルバンのトラックの後ろに、カメラ付いてましたよね。

調べてみたら先鞭は佐川急便さんでした。絶対に事故を起こさない体制をめざして保有車両7200台にリアカメラを付けたのが、なんと1986年のことだそうです。もちろん当時はルームミラーに画像を映す技術はなくて、 運転席に小さなブラウン管テレビを持ち込んだそうですが。

それにしても日本って、ミラーフェチだったんですねえ。

(角田伸幸)