FFの「都市型系」SUVでも高い悪路走破性を確保する新型プジョー3008

FFのみとなる新型プジョー3008は、175mmという最低地上高を確保しているものの、SUVとしては決して高いわけではありません。また、スタイリングからしても都市型SUVであることを感じさせます。

元々「ランドローバーEXオートキャンプ場」という名前だった早川町オートキャンプ場には、川沿いにオフロードコースが用意されています。

2代目プジョー3008は、オフロードをガンガン飛ばすタイプではなさそうですが、「GT Line DEBUT EDITION」に装着されている、ヒルディセントコントロール付の「ADVANCED GRIP CONTROL(アドバンスド・グリップ・コントロール)」の助けを借りれば、ダート(泥濘、砂地)や大きな石が転がっている路面、上下の急坂も難なく(ロードクリアランスの低さは気にする必要はあります)クリアできます。